芸能人・経営者のおくやみ情報

金地院崇伝(こんちいんすうでん)

臨済宗の[日本]

(「黒衣の宰相」、寛永10年1月20日入滅)

1633年 2月28日 死去享年65歳

金地院崇伝 - ウィキペディアより引用

『崇伝』より : 以心崇伝(いしんすうでん、永禄12年(1569年) - 寛永10年1月20日(1633年2月28日))は、安土桃山時代から江戸時代の臨済宗の僧。
字は以心、法名が崇伝で、南禅寺金地院に住したため、金地院崇伝(こんちいん すうでん)とも呼ばれる。
本光国師の称は、寛永3年(1626)に後水尾天皇から授けられたもの。
俗姓は一色氏。
家康のもと幕府の法律の立案・外交・宗教統制を一手に引き受け、黒衣の宰相の異名を取った。
起草した武家諸法度は崇伝により諸大名の前で読み上げられた。
生涯 永禄12年(1569年)、室町幕府幕臣の一色秀勝の次男として京都に生まれた。
名門の出身で足利将軍家の側近として将来を約束されていたが、元亀4年(1573年)足利義昭が織田信長に追放されて室町幕府が滅亡したため、官寺中最も格式の高い南禅寺にて出家し266世玄圃霊三の弟子となる。
鷹峯金地院の靖叔徳林に嗣法、更に醍醐寺三宝院で学ぶ。
文禄2年(1593年)10月に24歳で摂津福厳寺、11月には相模禅興寺の住職。
慶長10年(1605年)37歳で鎌倉五山第一位の建長寺住職となり3月には臨済宗五山派の最高位・南禅寺270世住職となり官寺の頂点に立ち、後陽成天皇から紫衣を賜る。

安土桃山・江戸前期の臨済宗の僧。京都生。一色秀勝の子。南禅寺の玄圃霊山に師事して出家する。徳川家康に仕えて寺社を管理、外交文書を掌り、その間の記録『異国日記』を残した。またキリスト教禁制の国書・禁中並公家諸法度・武家諸法度・寺院法度を起草、大坂の陣では方広寺の鐘銘問題で家康のために画策するなど、徳川幕府権力の確立に尽くした。寛永10年(1857)寂、65才。 (引用元 コトバンク)