訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小磯良平 氏(こいそりょうへい)

画家[日本]

1988年 12月16日 死去享年86歳

小磯良平 - ウィキペディアより引用
小磯 良平(こいそ りょうへい、1903年7月25日 - 1988年12月16日)は、日本の昭和期に活躍した洋画家である。
肖像画、特に群像を多く手がけたことで知られる。
1903年(明治36年)、旧三田九鬼藩の旧家で貿易に携わっていた岸上家の8人兄弟姉妹の次男として、神戸市神戸(現在の中央区)の中山手通に生まれた。
兵庫県立第二神戸中学校(現在の兵庫県立兵庫高等学校)では竹中郁と同級で、生涯の親友だった。
東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)西洋画科に進み、猪熊弦一郎・岡田謙三・荻須高徳らの同級生と画架を並べる。
在学中の1925年(大正14年)に「兄妹」が帝展入選、1926年(大正15年)「T嬢の像」が帝展特選を果たす。
首席で卒業後の1928年(昭和3年)、フランスに留学。
ルーブル美術館のパオロ・ヴェロネーゼ「カナの婚礼」に衝撃を受け、群像表現を極めることを生涯のテーマとする。
帰国後の1936年(昭和11年)、「新制作派協会」(現・新制作協会)の結成に加わる。
1938年(昭和13年)から1年間藤田嗣治らとともに陸軍省嘱託の身分で従軍画家として中国に渡り、帰国後戦争画を製作した。