芸能人・経営者のおくやみ情報

九条武子(くじょうたけこ)

教育者、歌人[日本]

1928年 2月7日 死去敗血症享年42歳

九条武子 - ウィキペディアより引用

九条 武子(くじょう たけこ、1887年(明治20年)10月20日 - 1928年(昭和3年)2月7日)は、教育者・歌人、後年には社会運動活動家としても活躍した。
西本願寺第21代法主・明如(大谷光尊)の次女(母・藤子は光尊の側室で紀州藩士族の子女)として京都で生まれる。
義姉・大谷籌子裏方(大谷光瑞夫人)を助けて仏教婦人会を創設し、1911年(明治44年)、籌子が30歳の若さで早世の際は本部長に就任、同会運営の重責を果たした。
仏教主義に基づく京都女子専門学校(現・京都女子学園、京都女子大学)を設立、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で自身も被災するが一命を取りとめ、全壊した築地本願寺の再建、震災による負傷者・孤児の救援活動(「あそか病院」などの設立)などさまざまな事業を推進した。
佐佐木信綱に師事し和歌にも長け歌人としても、『金鈴』『薫染』などの歌集がある。
愛唱されている仏教讃歌の「聖夜」は、1927年(昭和2年)7月に出版された随筆『無憂華』の中に収められている。

女流歌人。二十一世大谷光尊(明如上人)の次女として京都西本願寺に生まれる。男爵九条良致に嫁ぎ、夫に同伴して渡欧、翌年ひとり帰国して十余年夫の帰朝を待つ。和歌を佐佐木信綱に、絵を上村松園に学ぶ。夫の帰国後東京築地本願寺内に移り住み、関東大震災に自らも罹災しながら被災者の救済に挺身、慈善事業につとめ、また東山女子専門学校(京都女子大学の前身)を創設するなど女子教育にも尽力した。『金鈴』『無憂華』『白孔雀』等の歌集がある。昭和3年(1928)歿、42才。 (引用元 コトバンク)