訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

久坂玄瑞(くさかげんずい)

長州藩士、幕末の志士[日本]

(元治元年7月19日没)

1864年 8月20日 死去自刃享年25歳

久坂玄瑞 - ウィキペディアより引用
久坂 玄瑞(くさか げんずい)は、幕末の長州藩士。
幼名は秀三郎、諱は通武(みちたけ)、通称は実甫、誠、義助(よしすけ)。
妻は吉田松陰の妹、文。
長州藩における尊王攘夷派の中心人物。
栄典は贈正四位(1891年)。
幼少年期から藩医になるまで 天保11年(1840年)長門国萩平安古(ひやこ)本町(現・山口県萩市)に萩藩医・久坂良迪、富子の三男・秀三郎として生まれる(二男は早世している)。
幼少の頃から城下の私塾の吉松塾で四書の素読を受けた(この塾には高杉晋作も通っていた)。
ついで藩の医学所・好生館に入学したが、14歳の夏に母を亡くし、翌年には兄・久坂玄機が病没した。
そして、その僅か数日後に父も亡くし、15歳の春に秀三郎は家族全てを失った。
こうして秀三郎は藩医久坂家の当主となり、医者として頭を剃り、名を玄瑞と改めた。
17歳の時に、成績優秀者は居寮生として藩費で寄宿舎に入れるという制度を利用して、玄瑞は藩の医学所である「好生館」の居寮生となった。