訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

菊池容斎(きくちようさい)

日本画家[日本]

1878年 6月16日 死去享年91歳

菊池容斎 - ウィキペディアより引用
菊池 容斎(きくち ようさい、天明8年11月1日(1788年11月28日) - 明治11年(1878年)6月16日)は、幕末から明治時代初期にかけての絵師。
旧姓は河原。
本名は量平または武保。
『前賢故実』の作者として広く知られている。
生涯 幕府西丸の御徒・河原専蔵武吉の次男として、江戸下谷長者町で生まれた。
父は菊池家から養子に来た人であったが、系図によると南朝遺臣の菊池武時の後裔であるという。
15歳の時に早世した兄に代わって河原家を嗣いでいたが、28歳の時に父の生家が断絶し、量平はこの名家が廃されるのを惜しみ、妹に婿養子を迎えて河原家を嗣がせたのち38歳で致仕し、菊池武長の後を継いで菊池家を再興した。
菊池武保と名乗るのはそれからである。
「容斎」という号は、厳格さのあまり他人を容赦しない自分の性質を戒めるためにつけたという。
幼いときから絵を描くのが好きだったが、画を学ぶことを父から許されなかった。
16歳の時に描いた両親の肖像画を見て初めてその伎倆を認められ、許しが出たという。
文化2年(1805年)から高田円乗に師事し、狩野派や南蘋風の絵を学ぶ。