芸能人・経営者のおくやみ情報

狩野探幽(かのうたんゆう)

絵師[日本]

(鍛冶橋狩野家の祖、延宝2年10月7日没)

1674年 11月4日 死去享年73歳

狩野探幽 - ウィキペディアより引用
狩野 探幽(かのう たんゆう、慶長7年1月14日(1602年3月7日) - 延宝2年10月7日(1674年11月4日))は、江戸時代初期の狩野派の絵師。
狩野孝信の子。
法号は探幽斎、諱は守信。
早熟の天才肌の絵師、と評されることが多いが、桃山絵画からの流れを引き継ぎつつも、宋元画や雪舟を深く学び、線の肥痩や墨の濃淡を適切に使い分け、画面地の余白をに生かした淡麗瀟洒な画風を切り開き、江戸時代の絵画の基調を作った。
生涯 慶長7年(1602年)、狩野孝信(狩野永徳の次男)の長男として京都で生まれる。
母は、佐々成政の娘。
慶長17年(1612年)、駿府で徳川家康に謁見し、元和3年(1617年)、江戸幕府の御用絵師となり、元和7年(1621年)には江戸城鍛冶橋門外に屋敷を得て、本拠を江戸に移した。
江戸城、二条城、名古屋城などの公儀の絵画制作に携わり、大徳寺、妙心寺などの有力寺院の障壁画も制作した。
山水、人物、花鳥など作域は幅広い。
元和9年(1623年)、狩野宗家を嫡流・貞信の養子として末弟・安信に継がせて、自身は鍛冶橋狩野家を興した。