訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

狩野山楽(かのうさんらく)

京狩野派の絵師[日本]

(寛永12年8月19日没)

1635年 9月30日 死去享年77歳

狩野山楽 - ウィキペディアより引用
狩野 山楽(かのう さんらく、永禄2年(1559年) - 寛永12年8月19日(1635年9月30日)は、安土桃山時代~江戸時代初期の狩野派の絵師。
狩野山雪は養子。
浅井長政の家臣・木村永光の子光頼として近江国蒲生郡に生まれる。
母は伝承では益田氏。
のちの林鵞峰は「佐々木氏の末裔か」と記している。
父・永光は余技として狩野元信に絵を習っていた。
浅井氏が織田信長によって滅ぼされてからは豊臣秀吉に仕え、秀吉の命により狩野永徳の養子となり狩野姓を名乗る。
山楽はこの時、武士の身分を捨てることを躊躇し多くの役職を務めたという。
天正年間には、安土城障壁画や正親町院御所障壁画(現南禅寺本坊大方丈障壁画)の作製に加わる。
永徳が東福寺法堂天井画の制作中に病で倒れると、山楽が引き継いで完成させた。
このことから、永徳の後継者として期待されていたことが伺える(天井画は明治時代に焼失し現存しない)。
以後、豊臣家の関係の諸作事に関わり、大阪に留まって制作に励んだ。
豊臣氏には淀殿をはじめとして浅井氏旧臣が多く、山楽が重く用いられたのも、浅井氏に縁のある山楽の出自が理由だと思われる。