芸能人・経営者のおくやみ情報

勝川春章(かつかわしゅんしょう)

浮世絵師[日本]

(寛政4年12月8日没)

1793年 1月19日 死去享年68歳

勝川春章 - ウィキペディアより引用

勝川 春章(かつかわ しゅんしょう、享保11年〈1726年〉? - 寛政4年12月8日〈1793年1月19日〉)とは、江戸時代中期を代表する浮世絵師。
本姓不詳。
姓を「藤原」とする説もあるが定かではない。
諱は正輝、字は千尋。
俗称は要助、のちに祐助と改む。
画姓は初め宮川、または勝宮川、後に勝川、勝と称した。
号は春章、旭朗井、李林、六々庵、縦画生。
江戸の人といわれるが、台東区蔵前の松平西福寺に伝わる過去帳には春章以前の父祖の名が記されていないので、春章の代で他所から江戸に来た可能性が指摘されている。
明和年間から没年までを作画期とする。
絵を宮川春水に、また高嵩谷にも学び、英一蝶風の草画もよくしている。
春章は立役や敵役の男性美を特色とし、容貌を役者によって差別化しない鳥居派の役者絵とは異なる写実的でブロマイド的な役者似顔絵を完成させ、大衆に支持された。
そのはじめとなったのは、一筆斎文調との合作として明和7年(1770年)に刊行した『絵本舞台扇』である。
その後文調と比較して、明快な色彩と、素直で誇張のない表現で、人気を博した。

「勝川春章」と関連する人物(故人)