芸能人・経営者のおくやみ情報

片岡球子 氏(かたおかたまこ)

日本画家[日本]

2008年 1月16日 死去急性心不全享年104歳

片岡球子 - ウィキペディアより引用

片岡 球子(かたおか たまこ、1905年(明治38年)1月5日 - 2008年(平成20年)1月16日)は、昭和・平成時代に活躍した日本画家である。
日本芸術院会員・文化功労者・文化勲章受章者。
北海道札幌市出身。
来歴・人物 1926年(大正15年)、女子美術専門学校(現・女子美術大学)日本画科高等科卒業。
卒業後は神奈川県立横浜市大岡尋常高等小学校に勤めながら創作を続ける。
画家志望に反対する両親から勘当されながら画業を進めるが帝展(現・日展)には3度落選。
しかし1930年(昭和5年)、第17回院展に「枇杷」で初入選。
さらに1933年(昭和8年)の院展にも入選するが、その後は何回もの落選を経験し「落選の神様」と呼ばれた時期もあった。
しかしその後は1939年(昭和14年)の第26回院展に「緑陰」が入選し院友に推挙されて以後は毎回入選するようになる。
1955年(昭和30年)に横浜市立大岡小学校を依願退職し、女子美術大学日本画科専任講師となる。
1960年(昭和35年)に助教授、1965年(昭和40年)には教授となる。

かたおかたまこ [生]1905.1.5.北海道,札幌[没]2008.1.16.神奈川日本画家。札幌の醸造・木材商の家に生まれる。1926年女子美術専門学校を卒業。両親に勘当されながらも画家を志し,横浜市の小学校教諭として勤めながら画作に励んだ。1930年『枇杷』で院展に初入選,その後も1946年『夏』で日本美術院賞を受賞するなど,院展ではたびたび入賞するが,帝展では一度も入賞できず「落選の神様」と呼ばれた。それでも安田靫彦に師事し,小林古径に励まされながら研鑽を積んだ。30年間勤めた教職を辞した50歳以降,才能が一気に開花。1954年『歌舞伎南蛮寺門前所見』で伝統芸能の世界に目ざめたが,それは60歳代から始めた「面構(つらがまえ)」シリーズにつながっていった。武将や浮世絵師,戯作者などを描いた一連の作品は力強く個性的で,迫力に満ちている。1955年女子美術大学講師,のちに助教授,教授となり,1966年愛知県立芸術大学教授。1967年サンパウロ・ビエンナーレ展に日本代表として出品。1982年日本芸術院会員。1986年文化功労者。1989年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)