芸能人・経営者のおくやみ情報

小川芋銭(おがわうせん)

日本画家[日本]

1938年 12月17日 死去享年71歳

小川芋銭 - ウィキペディアより引用

小川 芋銭(おがわ うせん、本名:小川茂吉、幼名:不動太郎、男性、1868年3月11日(慶応4年2月18日) - 1938年(昭和13年)12月17日)は、日本の画家。
19世紀から20世紀前半にかけて活躍した日本の日本画家である。
来歴・人物 小川家は武家で、親は常陸国牛久藩の大目付であったが、廃藩置県により新治県城中村(現在の茨城県牛久市城中町)に移り農家となる。
最初は洋画を学び、尾崎行雄の推挙を受け朝野新聞社に入社、挿絵や漫画を描いていたが、後に本格的な日本画を目指し、川端龍子らと珊瑚会を結成。
横山大観に認められ、日本美術院同人となる。
生涯のほとんどを現在の茨城県龍ケ崎市にある牛久沼の畔(現在の牛久市城中町)で農業を営みながら暮らした。
画業を続けられたのは、妻こうの理解と助力によるといわれている。
画号の「芋銭」は、「自分の絵が芋を買うくらいの銭(金)になれば」という思いによるという。
身近な働く農民の姿等を描き新聞等に発表したが、これには社会主義者の幸徳秋水の影響もあったと言われている。

1868-1938 日本画家、風刺漫画家。河童を描いた作品が多く「河童の芋銭」と呼ばれる。 牛久藩士の長子として江戸藩邸に生まれた。藩が解体し旧藩士の生活基盤が失われていった時代にあって経済的にはめぐまれず、少年期より働きながら洋画を学んだ。日本画家として知られるが、日本画はのちに独修したものである。 (引用元 Hatena Keyword)