訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アーネスト・フェノロサErnest Francisco Fenollosa

東洋美術史家、哲学者[アメリカ]

1908年 9月21日 死去享年55歳

アーネスト・フェノロサ - ウィキペディアより引用
アーネスト・フランシスコ・フェノロサ(Ernest Francisco Fenollosa、1853年2月18日 - 1908年9月21日)は、アメリカ合衆国の東洋美術史家、哲学者で、明治時代に来日したお雇い外国人。
日本美術を評価し、紹介に努めたことで知られる。
生涯と日本での活動 マサチューセッツ州セイラム生まれ。
父親のManuel Francisco Ciriaco Fenollosaはスペインのマラガ生まれの音楽家(晩年自殺している)。
兄とともにフリゲート艦の船上ピアニストとして渡米し、Mary Silsbeeと結婚し、アーネストをもうける。
アーネスト・フェノロサは地元の高校を卒業後、ハーバード大学で哲学、政治経済を学ぶ。
先に来日していた動物学者エドワード・シルヴェスター・モースの紹介で1878年(明治11年、当時25歳)に来日し、東京大学で哲学、政治学、理財学(経済学)などを講じた。
フェノロサの講義を受けた者には岡倉天心、井上哲次郎、高田早苗、坪内逍遥、清沢満之らがいる。
以上のようにフェノロサの専門は政治学や哲学であり、美術が専門ではなかったが、来日前にはボストン美術館付属の美術学校で油絵とデッサンを学んだことがあり、美術への関心はもっていた。

↑ PAGE TOP