芸能人・経営者のおくやみ情報

大塩平八郎(おおしおへいはちろう)

儒学者・陽明学[日本]

(天保8年3月27日没)

1837年 5月1日 死去自決享年45歳

大塩平八郎 - ウィキペディアより引用

大塩 平八郎(おおしお へいはちろう、1793年3月4日(寛政5年1月22日) - 1837年5月1日(天保8年3月27日))は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。
大塩平八郎の乱を起こした。
通称は平八郎、諱は正高、のち後素(こうそ)、字は子起、号は中斎。
家紋は揚羽。
大塩家は代々、大坂東町奉行組与力であり、平八郎は初代の大塩六兵衛成一から数えて8代目にあたる。
大坂天満の生まれ。
かつては平八郎が養子で阿波国の生まれとする説も存在したが、乱に関する幕府評定所の吟味書の記述などから養子である可能性は否定されている。
平八郎の実の祖父・政之丞が阿波国脇町の出身で、与力大塩氏に養子に入ったことから、この祖父と混同されたと考えられる。
生涯 大坂町奉行組与力 奉行所時代は、狷介ながら汚職を嫌う正義漢として不正を次々と暴いた。
特に、組違いの同僚である西町奉行与力弓削新左衛門の汚職事件では内部告発を行い、その辣腕ぶりは市民の尊敬を集めた。
腐敗した奉行所内では彼を憎む者も少なからずいたが、上司の東町奉行高井実徳の応援があればこそ活躍できた。

大塩平八郎(おおしお・へいはちろう、1793〜1837) 江戸時代後期の儒学者で、大阪町奉行所の与力を務めましたが、後に辞職して、自宅に洗心洞という儒学塾を開いて陽明学を教えました。塾を開いて6年後に天保のききんが起きて、大坂の市中に飢えた窮民が続出する事態となりました。その状況を黙って見過ごすことができなかった平八郎は、人々を救済するために大阪城内の非常用の米を窮民たちに分け与えるよう当局に申し入れましたが、聞き入れられませんでしたから、自分の本を売り払って作ったお金を困っている人たちに分け与えました。1837年、ききんで苦しむ庶民を横目に、自分の利益のために米の買い占めに走って米価のつり上げを謀っている大商人や、私利私欲に走るのみの役人を懲らしめる決意をし、同志と共に大阪で一揆を起こしました。世にいう「大塩平八郎の乱」ですが、幕府によって1日で平定されてしまい、その1か月後には平八郎も自ら命を絶ちました。一揆は成功しませんでしたが、この事件の首謀者が直参の旗本であり、かつ、元町奉行所与力という要職にあった人物であったことから世間に大きな衝撃を与えました。その後、備後三原の一揆や越後柏崎における生田万の乱、それに摂津能勢の山田屋大助による百姓一揆など、各地で一揆や打ちこわしが起こるきっかけとなりました。 (引用元 Hatena Keyword)

「大塩平八郎」と関連する人物(故人)