芸能人・経営者のおくやみ情報

宝井其角(たからいきかく)

俳諧師[日本]

(蕉門十哲の一人、 宝永4年2月30日没)

1707年 4月2日 死去享年47歳

宝井其角 - ウィキペディアより引用

宝井 其角(たからい きかく、寛文元年7月17日(1661年8月11日) - 宝永4年2月30日(1707年4月2日。
一説には2月29日(4月1日))は、江戸時代前期の俳諧師。
本名は竹下侃憲(たけした ただのり)。
別号は螺舎(らしゃ)、狂雷堂(きょうらいどう)、晋子(しんし)、宝普斎(ほうしんさい)など。
江戸堀江町で、近江国膳所藩御殿医・竹下東順の長男として生まれた。
延宝年間(1673年 - 1681年)の初めの頃、父親の紹介で松尾芭蕉の門に入り俳諧を学ぶ。
はじめ、母方の榎本姓を名乗っていたが、のち自ら宝井と改める。
蕉門十哲の第一の門弟と言われている。
芭蕉の没後は日本橋茅場町に江戸座を開き、江戸俳諧では一番の勢力となる。
なお、隣接して、荻生徂徠が起居、私塾蘐園塾を開いており、「梅が香や隣は荻生惣右衛門」 の句がある。
宝永4年(1707年)、永年の飲酒が祟ってか47歳の若さで亡くなっている。
人物評 芭蕉とは違い、酒を好み作風は派手で、平明かつ口語調の洒落風を起こした。