訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

岩佐又兵衛(いわさまたべえ)

絵師[日本]
(慶安3年6月22日没)
1650年 7月20日 死去享年73歳
岩佐又兵衛 - ウィキペディアより引用
岩佐 又兵衛(いわさ またべえ、 天正6年(1578年) - 慶安3年6月22日(1650年7月20日))は、江戸時代初期の絵師。
又兵衛は通称で、諱は勝以(かつもち)。
通称「吃の又平(どものまたへい)」 摂津国河辺郡伊丹(現在の兵庫県伊丹市伊丹)の有岡城主荒木村重の子として生まれる。
誕生の翌年・天正7年(1579年)、村重は織田信長の家臣であったが、信長に反逆を企て、失敗する(有岡城の戦い)。
落城に際して荒木一族はそのほとんどが斬殺されるが、数え年2歳の又兵衛は乳母に救い出され、石山本願寺に保護される。
成人した又兵衛は母方の岩佐姓を名乗り、信長の息子織田信雄に近習小姓役として仕えたという。
文芸や画業などの諸芸をもって主君に仕える御伽衆のような存在だったと考えられる。
信雄が改易後、浪人となった又兵衛は勝以を名乗り、京都で絵師として活動を始めたようである。
大坂の陣の直後の40歳のころ、福井藩主松平忠直に招かれて、あるいは後に岩佐家の菩提寺になる興宗寺第十世心願との出会いがきっかけで、北庄(現福井市)に移住する。
題名
岩佐又兵衛―浮世絵をつくった男の謎 (文春新書)
著者
辻惟雄
発売元
文藝春秋
発売日
2008-04-01
新品価格
¥ 1,404 より
中古商品
¥ 280 より
題名
岩佐又兵衛と松平忠直――パトロンから迫る又兵衛絵巻の謎 (岩波現代全書)
著者
黒田日出男
発売元
岩波書店
発売日
2017-06-29
新品価格
¥ 2,700 より
中古商品
¥ 1,954 より
題名
岩佐又兵衛:浮世絵の開祖が描いた奇想 (別冊太陽太陽 日本のこころ)
著者
発売元
平凡社
発売日
2017-01-27
新品価格
¥ 2,592 より
中古商品
¥ 5,184 より
題名
岩佐又兵衛作品集―MOA美術館所蔵全作品
著者
矢代勝也
発売元
東京美術
発売日
2013-10-01
新品価格
¥ 3,240 より
中古商品
¥ 5,800 より
題名
岩佐又兵衛 (新潮日本美術文庫)
著者
発売元
新潮社
発売日
1997-03-01
新品価格
¥ 1,296 より
中古商品
¥ 746 より
題名
ミラクル絵巻で楽しむ「小栗判官と照手姫」―伝岩佐又兵衛画 (広げてわくわくシリーズ)
著者
発売元
東京美術
発売日
2011-09-01
新品価格
¥ 1,944 より
中古商品
¥ 1,440 より
題名
日本美術絵画全集〈第13巻〉岩佐又兵衛 (1981年)
著者
発売元
集英社
発売日
1981-02
新品価格
より
中古商品
¥ 800 より
題名
日本の美術 no.259 岩佐又兵衛
著者
文化庁
発売元
至文堂
発売日
1987-12
新品価格
より
中古商品
¥ 226 より
題名
岩佐又兵衛―伝説の浮世絵開祖
著者
岩佐又兵衛
発売元
千葉市美術館
発売日
2004-10
新品価格
より
中古商品
¥ 8,800 より
題名
岩佐又兵衛絵巻
著者
MOA美術館
発売元
エムオーエー商事
発売日
1982-07-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1,800 より

「岩佐又兵衛」と関連する人物(故人)

織田信長 豊臣秀吉 徳川家康 徳川秀忠 徳川家光 長谷川等伯 岩佐勝重

↑ PAGE TOP