芸能人・経営者のおくやみ情報

岩佐又兵衛(いわさまたべえ)

絵師[日本]

(慶安3年6月22日没)

1650年 7月20日 死去享年73歳

岩佐又兵衛 - ウィキペディアより引用

岩佐 又兵衛(いわさ またべえ、 天正6年(1578年) - 慶安3年6月22日(1650年7月20日))は、江戸時代初期の絵師。
又兵衛は通称で、諱は勝以(かつもち)。
通称「吃の又平(どものまたへい)」 摂津国河辺郡伊丹(現在の兵庫県伊丹市伊丹)の有岡城主荒木村重の子として生まれる。
誕生の翌年・天正7年(1579年)、村重は織田信長の家臣であったが、信長に反逆を企て、失敗する(有岡城の戦い)。
落城に際して荒木一族はそのほとんどが斬殺されるが、数え年2歳の又兵衛は乳母に救い出され、石山本願寺に保護される。
成人した又兵衛は母方の岩佐姓を名乗り、信長の息子織田信雄に近習小姓役として仕えたという。
文芸や画業などの諸芸をもって主君に仕える御伽衆のような存在だったと考えられる。
信雄が改易後、浪人となった又兵衛は勝以を名乗り、京都で絵師として活動を始めたようである。
大坂の陣の直後の40歳のころ、福井藩主松平忠直に招かれて、あるいは後に岩佐家の菩提寺になる興宗寺第十世心願との出会いがきっかけで、北庄(現福井市)に移住する。

(1578-1650) 江戸初期の画家。本名は勝以(かつもち)。荒木村重の子。土佐派・狩野派などに学び独自の画風による風俗画で一世を風靡(ふうび)。俗に浮世絵の始祖といわれる。代表作、川越喜多院東照宮の「三十六歌仙額」 三省堂提供「大辞林 第二版」より (引用元 Hatena Keyword)

「岩佐又兵衛」と関連する人物(故人)