芸能人・経営者のおくやみ情報

今井宗久(いまいそうきゅう)

商人、茶人[日本]

(文禄2年8月5日没)

1593年 8月31日 死去享年73歳

今井宗久 - ウィキペディアより引用

今井 宗久(いまい そうきゅう、永正17年(1520年) - 文禄2年8月5日(1593年8月31日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての堺の商人、茶人。
今井出羽守宗慶の三男の子。
今井宗薫の父。
名は兼員、初名を久秀、通称を彦八郎のち彦右衛門。
号は昨夢庵寿林。
屋号は納屋。
薙髪の後に宗久と名乗った。
千利休・津田宗及と共に茶湯の天下三宗匠と称せられた。
大和国今井町の出身。
祖は近江源氏佐々木氏で、近江国高島郡今井市城を領したので、氏を今井と称した。
泉州・堺に出て納屋宗次の居宅に身を寄せ、武野紹鴎に茶を学ぶ。
やがて紹鴎の女婿となり、家財茶器などをことごとく譲り受けたという(のちにこの遺産を巡って武野宗瓦と争い勝利した)。
天文23年(1554年)には大徳寺塔頭大僊院に170貫を寄進している。
初めは当時軍需品としての需要があった鹿皮などの皮製品(甲冑製造などに用いる)の販売を扱っており、それによって財をなし、各地の戦国大名とのつながりを深めていった。

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての堺の商人。茶人。大和国出身。 千利休や津田宗及と共に茶湯の天下三宗匠と称せられた。 (引用元 Hatena Keyword)