芸能人・経営者のおくやみ情報

市河米庵(いちかわべいあん)

書家、漢詩人[日本]

(安政5年7月18日没)

1858年 8月26日 死去享年80歳

市河米庵 - ウィキペディアより引用

市河 米庵(いちかわ べいあん、安永8年9月16日(1779年10月25日) - 安政5年7月18日(1858年8月26日))は、江戸時代後期の日本の書家、漢詩人。
名は三亥、字は孔陽、号は米庵のほかに楽斎・百筆斎・亦顛道人・小山林堂・金洞山人・金羽山人・西野子など。
通称は小左衛門。
漢詩人の市河寛斎の長子。
安永8年(1779年)、己亥九月亥の日(9月16日)の亥の刻に江戸日本橋桶町に生まれたので三亥と名付けられた。
父 寛斎や林述斎・柴野栗山に師事し、書は長崎に遊学し清国の胡兆新に学ぶ。
その後、宋代の書家 米芾や顔真卿らの書を敬慕し、その筆法を研鑽する。
米庵という号は米芾に因んでいる。
隷書・楷書を得意とし、寛政11年(1799年)、20歳の時に書塾 小山林堂を開いた。
その後、和泉橋藤堂候西門前に大きな屋敷を構え、門人は延べ5千人に達したという。
尾張徳川、筑前黒田、津藤堂、徳山毛利、鯖江間部などの大名にも指南を行った。
書の流派である江戸唐様派の大家。
同じく江戸で門戸を張った巻菱湖(1777年 - 1843年)、京都の貫名海屋(1778年 - 1863年)とともに幕末の三筆に数えられる。

安永8年9月16日(1779年10月25日)〜安政5年7月18日(1858年8月26日) 日本の江戸時代後期の書家。漢詩人。 貫名菘翁や巻菱湖とともに幕末の三筆の1人である。 (引用元 Hatena Keyword)