芸能人・経営者のおくやみ情報

宗祇(そうぎ)

連歌師[日本]

(文亀2年7月30日没)

(ユリウス暦) 1502年 9月1日 死去享年82歳

宗祇 - ウィキペディアより引用

宗祇(そうぎ、応永28年(1421年)- 文亀2年7月30日(1502年9月1日))は、室町時代の連歌師。
号は自然斎、種玉庵。
姓は飯尾(いのお/ いいお)というが定かではない。
生国は、紀伊とも近江とも言われている。
若いころ京都相国寺に入り、30歳のころ連歌に志したという。
宗砌、専順、心敬に連歌を学び、東常縁に古今伝授を授けられた。
また、常縁の弟である正宗龍統から漢学を学んでいる。
文明5年(1473年)以後、公家や将軍、管領の居住する上京(かみきょう)に種玉庵を結び、三条西実隆他の公家や細川政元他の室町幕府の上級武士と交わった。
また、畿内の有力国人衆や周防の大内氏、若狭の武田氏、能登の畠山氏、越後の上杉氏ら各地の大名をたずねている。
長享2年(1488年)3月に北野連歌所宗匠となり、名実ともに連歌界の第一人者となった。
この職はまもなく兼載に譲り、明応4年(1495年)6月に兼載らと『新撰菟玖波集』を撰集した。
生涯を通じ、たびたび各地を旅したが、文亀2年(1502年)弟子の宗長、宗碩らに伴われて越後から美濃に向かう途中、箱根湯本の旅館で没し、駿河桃園(現:静岡県裾野市)定輪寺に葬られた。

連歌師。号種玉庵・自然斉他。若くして仏門に入り中年以後は臨済宗に属したと思われる。連歌を宗砌・心敬・専順に、飛鳥井雅親らに和歌・古典を、卜部兼倶に神道の教を受けた。連歌師として名があらわれ始めた四十才頃より各地に旅して連歌界最高の栄誉をうけた。和歌・連歌の伝統を継承する正統派として円熟した技巧を駆使し、堅実な作風で浪漫的心情が一貫して悲哀・厭世の調がある。文亀2年(1502)歿、82才。 (引用元 コトバンク)