芸能人・経営者のおくやみ情報

歌川広重(うたがわひろしげ)

浮世絵師[日本]

(安政5年9月6日没)

1858年 10月12日 死去コレラ享年62歳

歌川広重 - ウィキペディアより引用
歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日)は、江戸時代末期の浮世絵師。
本名は安藤重右衛門。
江戸の定火消しの安藤家に生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。
かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。
ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。
歌川豊広の門人。
広重は、江戸の八代洲河岸(やよすがし)定火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生。
幼名を徳太郎、のち重右衛門、鉄蔵また徳兵衛とも称した。
文化6年(1809年)2月、母を亡くし同月父が隠居し、数え13歳で広重が火消同心職を継ぐ。
同年12月には父も死去。
幼い頃からの絵心が勝り文化8年(1811年)15歳の頃、初代歌川豊国の門に入ろうとした。
しかし、門生満員でことわられ、歌川豊広(1776年-1828年)に入門。
翌年(1812年)に師と自分から一文字ずつとって歌川広重の名を与えられ、文政元年(1818年)に一遊斎の号を使用して武者絵や美人画を描いた。