芸能人・経営者のおくやみ情報

会津八一 氏(あいづやいち)

歌人、美術史家、書家、文学博士[日本]

1956年 11月21日 死去享年76歳

会津八一 - ウィキペディアより引用

会津 八一(あいづ やいち、會津八一、1881年(明治14年)8月1日 - 1956年(昭和31年)11月21日)は、日本の歌人・美術史家・書家。
雅号は、秋艸道人、渾斎。
1951年に新潟市名誉市民。
  新潟県新潟市古町通五番町に生まれる。
中学生の頃より『万葉集』や良寛の歌に親しんだ。
1900年新潟尋常中学校(現新潟県立新潟高等学校)卒業後、東京専門学校(早稲田大学の前身校)に入学し、坪内逍遙や小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)らの講義を聴講した。
この頃すでに「東北日報」の俳句選者となる。
1906年早稲田大学英文科卒業。
卒業論文にはキーツをとりあげた。
卒業後は、私立有恒学舎(現:新潟県立有恒高等学校)の英語教員となって新潟に戻り、多くの俳句・俳論を残した。
1908年に最初の奈良旅行をおこなって奈良の仏教美術へ関心を持ち、またこの旅行が俳句から短歌へと移るきっかけともなった。
1910年に坪内逍遙の招聘により早稲田中学校の英語教員となり上京。
1914年、東京小石川区高田豊川町に転居し、「秋艸堂」と名付ける。

歌人・書家・美術史家。新潟県生。号は秋艸道人・渾斎等。早大卒。中学時代から俳句・和歌を作る。奈良の古寺を巡遊し仏教美術への造詣を深め、美術学者としての地歩を築くかたわら作歌を本格化、万葉調の平がな書きによる荘重かつ芳醇な歌風で奈良古寺古仏を詠み、世の評価を得た。歌集に『南京新唱』『鹿鳴集』、歌論・歌話集に『渾斎随筆』等。また書にも独自の境地を開き、書跡集『遊神帖』等がある。文学博士・早大名誉教授。新潟市名誉市民。昭和31年(1956)歿、75才。 (引用元 コトバンク)