芸能人・経営者のおくやみ情報

堀田一郎 氏

元中日新聞副社長、元中日ドラゴンズ球団社長[日本]

2009年 1月2日 死去膵臓がん享年86歳

堀田 一郎(ほりた いちろう、1974年4月18日 - )は、北海道広尾郡広尾町出身の元プロ野球選手(外野手)。
北海高校時代、夏の甲子園出場。
中央大学では主将として、4年春に東都大学リーグ二部三冠王に輝く。
また、4年時には東都大学リーグのプロ・アマ交流戦に出場し、安打を放つ。
1996年にドラフト6位で巨人へ入団。
走攻守3拍子揃った選手として注目され、細身の体型ながら打撃はパンチ力があり、1998年にはフレッシュオールスターゲーム出場果たすも、一軍ではなかなか結果を残せなかった。
二軍では首位打者、本塁打王に輝くなど毎年のように本塁打、盗塁は常に上位に名を連ねた。
2003年5月5日の対広島戦で、プロ入り初本塁打を高橋建から東京ドームのバックスクリーンへ放ち、感極まりベンチ裏で号泣した。
堀内恒夫監督時代(2004 - 2005年)は主に試合終盤での代走や守備固めで出場し、手薄な外野陣を走守面でカバーするなど活躍した。
2006年シーズン終了後に現役を引退。
同年10月15日、神宮球場でのヤクルト戦で、山部太投手の引退登板に代打で打席に立ったが、この打席が現役最後の打席となった(結果は三振)。
  • 題名
    香りのてびき
    著者
    堀田一郎
    発売元
    日本デザインクリエーターズカンパニー
    発売日
    1997-03
    新品価格
    ¥ 3,762 より
    中古商品
    ¥ 307 より