芸能人・経営者のおくやみ情報

坂井宏朱 氏(さかいひろみ)

オートレーサー[日本]

2012年 1月15日 死去練習中の事故享年29歳

坂井 宏朱 (さかい ひろみ、1984年2月25日 - 2012年1月15日)は、日本のオートレーサー(船橋オートレース場所属)。
所有車は、「Jロビンソン」・「ポジティブ」。
2008年のスーパースター王座決定戦開催日に川口オートレース場へ観戦に行った際に、後に自身の指導員(師匠)となる永井大介の走りに感銘を受け、当時原付免許すらも取得していなかったが、オートレース選手になることを決意。
2010年6月24日、佐藤摩弥とともに、女子受験者としてオートレース第31期養成員試験に合格した2人のうちの1人となった。
合格発表後にJTBを退社し、同年9月、茨城県下妻市に所在するオートレース選手養成所に入所した。
このことは、フジテレビ系列の『潜入!リアルスコープ』やTBSの『Nスタ』などでも放送された。
2011年3月11日、正式に船橋オートレース場への配属が決定。
7月8日に養成所を卒業し、佐藤と共に44年ぶりの女子オートレーサーとなった。
指導員には、師匠でもある永井とともに、SG8勝の池田政和も助手として協力し、7月30日に船橋オートレース場でデビュー(8着)し、8月21日の同場で初勝利を挙げた。

1984年2月25日〜2012年1月15日 日本の女子オートレース選手。石川県金沢市出身の神奈川県横浜市育ち。法政大学法学部政治学科出身。 大学卒業後、JTBを経て2010年に元モトクロスライダーの佐藤摩弥とともに、女子受験者としてオートレース第31期養成員試験に合格。養成所を経て2011年7月30日に船橋オートレース場でデビューした。 2012年1月15日、練習中に落車。フェンスに激突し死亡した。27歳没。デビューから半年の出来事であった。 (引用元 Hatena Keyword)