芸能人・経営者のおくやみ情報

二谷英明 氏(にたにひであき)

俳優[日本]

(「特捜最前線」など)

2012年 1月7日 死去肺炎享年83歳

二谷英明 - 俳優

二谷 英明(にたに ひであき、1930年1月28日 - 2012年1月7日)は、日本の俳優。
京都府舞鶴市出身。
来歴・人物 京都府立東舞鶴高等学校、同志社大学文学部英文学科中退後、アルバイト生活を経て1954年ラジオ佐世保(のちにラジオ長崎と合併し長崎放送と社名変更)に開局と同時に入社。
3年間、司会や英語放送のアナウンサーを務めた。
佐世保時代に前妻と結婚したが、その後離婚。
1956年小林旭らと第3期ニューフェイスとして日活に入社、同年『沖縄の民』で夜襲の少尉役としてデビュー。
1957年主演デビューを飾る。
1961年、日活スター映画のローテーションである「ダイヤモンドライン」入りし、以後「ダンプガイ」の愛称で石原裕次郎、小林旭、宍戸錠、赤木圭一郎などとともに日活アクション路線の全盛期を築いたが、次第にヒーローのライバルや相棒、あるいは上司役といった、貫禄ある準主演者としての出演が多くなり、アクション映画のみならず、あらゆるジャンルの日活映画に欠かせない存在として高く評価されている。

日活のアクション映画やテレビドラマ「特捜最前線」などに出演し、渋い二枚目俳優として知られた二谷英明(にたに・ひであき)さんが7日午後4時58分、東京都新宿区の病院で亡くなった。81歳だった。京都府出身。葬儀は11日午前11時から東京都港区芝公園4の7の35の増上寺光摂殿で。喪主は妻で女優の白川由美(しらかわ・ゆみ、本名二谷安基子=にたに・あきこ)さん。 地方局のアナウンサーを経て、1956年に日活に入社。「ダンプガイ」の愛称で故石原裕次郎さんや小林旭さん、宍戸錠さんらのライバル役や相棒役を務め、同社アクション路線の一翼を担った。71年の同社退社後は、テレビドラマを中心に活躍。ホームドラマからサスペンス物まで幅広くこなし、警視庁の特命捜査課長を演じた「特捜最前線」は当たり役となった。代表作に映画「幕末太陽伝」「ろくでなし稼業」「片翼だけの天使」など。 長女は元女優で教育関連会社トライグループ社長の二谷友里恵さん。 

俳優。 昭和5年1月28日、京都府生まれ。 同志社大学を中退後、ラジオ佐世保のアナウンサーを経て、昭和31年に日活の第3期ニューフェイスとして俳優デビュー。 「ダンプガイ」のニックネームで、昭和30年代〜40年代の日活アクション映画を中心に活躍。昭和50年代以降はTVドラマ「特捜最前線」や、日産セドリックのCMなどでも知られる。 平成24年1月7日、肺炎のため死去。享年81歳。 妻は女優の白川由美、娘は元女優でトライグループ社長の二谷友里恵。 (引用元 Hatena Keyword)