芸能人・経営者のおくやみ情報

林光 氏

作曲家[日本]

(日本語創作オペラで活躍)

2012年 1月5日 死去多臓器不全享年80歳

林 光(はやし ひかる、1931年10月22日 - 2012年1月5日)は、日本の作曲家である。
1931年10月22日、東京府出身。
フルート奏者林リリ子は従姉。
リリ子の夫、阿部冨士雄はヴァイオリニスト。
冨士雄の父、阿部萬次郎はオーボエ奏者。
光の父である林義雄は慶応義塾大学医学部卒業の医師で、ベルリン留学ののち、日本大学医学部教授を務めていた。
「音声学の権威であり、臨床医としても、ほとんどの声楽家や演劇人のノドを診てきた名医であった」。
尾高尚忠とはベルリン留学中に知り合い、帰国後も親しく交流していた。
尾高が「フルート協奏曲」の最後のページを残して急逝した後、それを補筆完成したのは林光であった。
10歳の頃より父の親友である尾高尚忠に師事し、少年ながらも室内楽作品、管弦楽作品など大人顔負けの作品を多く作曲した。
尾高の死後は池内友次郎に師事した。
また、慶應義塾高等学校在学当時、同校で教鞭を執っていた遠山一行の授業を受けたことを終生誇りにしていた。
高校での同窓にフルート奏者でリリ子の門下である峰岸壮一や演劇の浅利慶太などがおり、音楽と演劇の接点を体験した。

日本語の創作オペラや合唱曲「原爆小景」などで知られる作曲家の林光(はやし・ひかる)氏が5日午後6時33分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。80歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。 日本語オペラのほか、映画音楽など幅広い分野で活躍した。東京芸大を中退後、間宮芳生、外山雄三両氏らと「山羊の会」を結成し、「交響曲ト調」で芸術祭賞を受賞。「オペラシアターこんにゃく座」の芸術監督としても活躍。代表作に「森は生きている」「セロ弾きのゴーシュ」など。  映画やドラマの作品も多く、映画「裸の島」など新藤兼人監督作品の多くを手掛け、「国盗り物語」などのNHK大河ドラマも担当した。

はやしひかる [生]1931.10.22.東京[没]2012.1.5.東京作曲家。東京芸術大学作曲科中退後の1953年,間宮芳生,外山雄三と「山羊の会」を結成。1961年,新藤兼人監督の映画『裸の島』(1960)の音楽で第2回モスクワ国際映画祭の作曲賞を受賞。以後,新藤監督のほとんどの作品で音楽を担当する。1975年,日本語による歌芝居を全国で巡演するオペラシアターこんにゃく座の音楽監督(のち芸術監督)に就任。『セロ弾きのゴーシュ』(1986,原作宮沢賢治),『森は生きている』(1992,原作サムイル・Y.マルシャーク),『吾輩は猫である』(1998,原作夏目漱石)など多くの創作オペラを残す一方で,全国の学校を訪問し,子供たちの伴奏に興じるなど,社会に根ざした音楽活動も志した。1989年の中国の天安門事件後に第3交響曲『八月の正午に太陽は…』(1990),阪神・淡路大震災後(→兵庫県南部地震)にビオラ協奏曲『悲歌』(1995,尾高賞)を発表。1971年の合唱曲『原爆小景』(詞原民喜,完結版2001)は1980年から毎夏,東京混声合唱団と演奏を続けた。1996年紫綬褒章,1999年サントリー音楽賞を授与された。 (引用元 コトバンク)