芸能人・経営者のおくやみ情報

真樹日佐夫 氏

作家漫画原作者、真樹道場首席師範[日本]

(梶原一騎の実弟)

2012年 1月2日 死去急性肺炎享年71歳

真樹 日佐夫(まき ひさお、1940年6月16日 - 2012年1月2日)は、日本の漫画原作者・小説家・空手家。
本名は高森 真土(たかもり まつち)。
世界空手道連盟真樹道場宗師 キックボクシング真樹ジム会長。
株式会社真樹プロダクション代表取締役、元極真会館本部道場師範代、元マス大山カラテスクール責任者。
元ビッグマウス・ラウド特別顧問。
NPO・アジア地域戦没者慰霊協会名誉顧問。
映画・Vシネマの企画プロデュースや、格闘技のイベント興行・マッチメイクも不定期ながら手がけていた。
ペンネームは高森三兄弟の本名の名前の部分を梶原のアイデアで作った合成名である。
梶原の「朝樹」と「真土」の部分を半分にして氏名の「真樹」。
「日佐夫」は三男「日佐志」の名を「日佐夫」とゴロよく「志」を「夫」として「真樹日佐夫」。
東京都出身。
兄は漫画原作者の梶原一騎。
東京都立小山台高等学校在学中、都内で空き巣狙いを繰り返し、警察に逮捕されて1ヶ月余りを保土ヶ谷鑑別所で過ごした(このとき母は担当刑事から共犯者の存在を示唆され、梶原に疑いの目を向けた)。

真樹 日佐夫氏(まき・ひさお、本名高森真土=たかもり・まつち=作家、真樹道場首席師範)2日午後5時34分、急性肺炎のため神奈川県内の病院で死去、71歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。 漫画原作者の故梶原一騎氏の実弟。空手家としても活躍し、80年真樹道場設立。主な著書に「凶器」「兄貴−梶原一騎の夢の残骸」。「ワル」など漫画原作や映画プロデュースも手掛けた。 (2012/01/03-16:33)

「真樹日佐夫」と関連する人物(故人)