芸能人・経営者のおくやみ情報

内藤陳 氏(ないとうちん)

俳優、コメディアン[日本]

2011年 12月28日 死去食道がん享年76歳

内藤 陳(ないとう ちん、1936年(昭和11年)9月18日 - 2011年(平成23年)12月28日)は、日本のコメディアン、俳優、書評家(ただし、自身は「“面白本のオススメ屋”」とコメント)。
本名の読み方は「ないとう のぶる」。
日本大学芸術学部中退。
プロフィール 東京都出身。
プロレタリア文学作家内藤辰雄を父に持つ。
7-8歳の頃には高円寺駅の前でゴザを敷き、父と共に読み古しの本の叩き売りをしていた。
9歳の時には、東海道本線に単身無賃乗車し、離婚して岡山にいた母親に会いに行き、連れ戻された。
中学2年生のとき父親から勘当されて家出。
役者を志し、喫茶店のボーイや八百屋の荷車引き、選挙運動の旗持ち、サンドイッチマン、大道芸人などの職を転々とする。
研究生として榎本健一の映演プロを卒業。
映演プロ在学中から浅草のストリップ劇場の舞台に立ち、栗実(のち久里みのる。
本名栗原克彦)と共にコミックショーを演じる。
1963年(昭和38年)夏、ストリップ劇場のコメディアン仲間の井波健(本名平塚久夫)・成美信(本名大橋敏夫)と共にトリオ・ザ・パンチを結成し、「おら(=俺)、ハードボイルドだど!」などのギャグで人気を博す。

内藤 陳氏(ないとう・ちん、本名陳=のぶる=作家、俳優)28日午後10時19分、食道がんのため東京都品川区の病院で死去、75歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は弟黒瀬功(くろせ・いさお)氏。後日関係者のお別れの会を開催する。 コントグループ「トリオ・ザ・パンチ」を結成してテレビ番組で人気を集める。その後、1981年から月刊誌で冒険小説やハードボイルド小説を紹介するコラム「読まずに死ねるか!」を執筆。同年に日本冒険小説協会を設立し、現在まで会長を務める。 俳優としても活動し、映画「麻雀放浪記」「月はどっちに出ている」などに出演。東京・新宿のゴールデン街でバー「深夜プラスワン」を経営することでも知られる。 (2011/12/30-21:49)

ないとう-ちん 1936-2011昭和後期-平成時代のボードビリアン,書評家。昭和11年9月18日生まれ。昭和33年榎本健一映画演劇研究所にはいる。37年トリオ・ザ・パンチを結成し,「ハードボイルドだど」のギャグで人気をえる。のち書評家として活動。新宿に酒場「深夜プラス1」をひらき,日本冒険小説協会を設立して会長となった。平成23年12月28日死去。75歳。東京出身。日大中退。本名は陳(のぶる)。著作に「読まずに死ねるか!」。 (引用元 コトバンク)