訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

杉原輝雄 氏

プロゴルファー[日本]

2011年 12月28日 死去前立腺がん享年75歳

杉原 輝雄(すぎはら てるお、1937年6月14日 - 2011年12月28日)は、大阪府茨木市出身のプロゴルファーである。
約50年に渡って現役を続行してきた存在感の大きさから、日本プロゴルフ界のドンと呼ばれた。
永久シード権獲得者である。
優勝回数は国内男子プロとしては尾崎将司、青木功に次ぐ歴代3位だが、ツアー施行後はいわゆる「AON時代」(青木、尾崎、中嶋常幸の3人の頭文字を取った呼称)に突入していたため、レギュラーツアーにおいて賞金王(賞金ランキング1位)を獲得したことがない。
1957年のプロ入り後、1962年の日本オープン選手権を皮切りに、2008年までに通算63勝(うち海外1勝、シニアツアー8勝)をあげる。
なお、ツアー通算54勝と言う表記をよく見かけるが、そのうち26勝は1973年に日本ゴルフツアー制度が施行される前の、日本国内での優勝である。
ツアー機構発足後のレギュラーツアーでは、通算28勝(ただし永久シード対象は27勝)が正しい。
1989年にツアー施行後に25勝したことで永久シード権を獲得。

がんと闘いながら生涯現役を貫いた男子プロゴルファーの杉原輝雄氏が28日午前、前立腺がんのため大阪府茨木市の自宅で死去した。74歳だった。大阪府出身。 (2011/12/28-15:41)

「杉原輝雄」と関連する人物(故人)