芸能人・経営者のおくやみ情報

やまだ紫 氏

漫画家、京都精華大学教授[日本]

2009年 5月5日 死去享年60歳

やまだ 紫(やまだ むらさき、1948年9月5日 - 2009年5月5日)は、日本の漫画家・エッセイスト・詩人。
京都精華大学マンガ学部専任教授。
東京都世田谷区出身。
本名は白取 三津子(しらとり みつこ)(旧姓:山田)。
2人目の夫は、元『ガロ』副編集長の白取千夏雄で、年齢は17歳下である。
1966年、私立富士見丘高等学校卒業後に詩の同人会『しちにん』へ参加。
翌年からデザイン事務所勤務の傍ら、虫プロ商事(手塚治虫主宰)の漫画雑誌『COM』へ漫画作品の投稿を始める。
1969年、『COM』5月号でデビュー。
以降同誌に精力的に作品を発表する。
『COM』廃刊後は1971年『ガロ』(青林堂発行の漫画誌)に発表の場を移し、同年2月号に『ああせけんさま』が入選。
1972年には漫画賞きっての難関であった「ビッグコミック賞」に「風の吹く頃」で佳作3席。
以後、結婚・出産による一時休筆を経て、『ガロ』誌上で『性悪猫』『しんきらり』などの作品を立て続けに連載する。
長井勝一(ガロ編集長)、つげ義春(漫画家)、上野昂志(評論家)らから高い評価を得ている。

「やまだ紫」と関連する人物(故人)