訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

荒木伸吾 氏

アニメーター[日本]

(「聖闘士星矢」「キューティーハニー」「バビル2世」などのキャラクターデザインや作画監督を担当)

2011年 12月1日 死去急性循環不全享年72歳

荒木 伸吾(あらき しんご、男性、1938年11月28日 - 2011年12月1日)は、日本のアニメーター、キャラクターデザイナー、漫画家。
作画プロダクション「有限会社荒木プロダクション」代表取締役。
日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。
代表作は『聖闘士星矢』『キューティーハニー』『魔女っ子メグちゃん』など。
全盛期の1970年代から1980年代まで、荒木伸吾デザインのアニメキャラクターはその端正な絵柄で美形キャラクターの代名詞とされるほどだった。
アクション作画の腕前を評価する声も多い。
愛知県名古屋市出身。
中学卒業後、日本車輌製造に勤務する。
さいとうたかを、辰巳ヨシヒロの影響を受けて漫画の執筆をはじめ、1955年に貸本劇画誌『街』(セントラル文庫)の新人コンクールで入賞、漫画家としてデビューする。
その後、昼は工場で働きながら、『街』や『顔』(エンゼル文庫)などの貸本劇画誌に約60本の短編を執筆する。
しかし、漫画で生計を立てることは出来ず、22歳頃から1年ほどCMのコンテを描く仕事に従事した後、貸本漫画家仲間で先に虫プロダクションに入っていた真崎守の誘いで、1964年に虫プロダクションへ入社。

「荒木伸吾」と関連する人物(故人)