訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

鈴木正三 氏

日本写真印刷取締役名誉会長[日本]

2011年 11月12日 死去膵臓がん享年88歳

鈴木 正三(すずき しょうさん、俗名の諱まさみつ、道号:石平老人、天正7年1月10日(1579年2月5日)- 明暦元年6月25日(1655年7月28日))は、江戸時代初期の曹洞宗の僧侶・仮名草子作家で、元は徳川家に仕えた旗本である。
本姓穂積氏で、三河鈴木氏の一族。
通称九太夫、号を玄々軒、正三は法名である。
法名に関しては、俗名の読み方を改めただけと言われているが、俗名は重三で、正三は筆名であるとの異説もある。
出家以前 天正7年1月10日(1579年2月5日)に三河国加茂郡足助庄(現在の愛知県豊田市(旧足助町))にある則定城主、鈴木重次の長男として生まれる。
長男ではあるが家を継がず、別に一家を興している。
鈴木家は弟重成が継承した。
父の代から徳川家康に従い、初陣は関ヶ原の戦いの際に本多正信隊に参加して徳川秀忠を護衛した時であり、その後の2回の大坂の陣でも武功を挙げて200石の旗本となった。
三河武士であった正三は常に生死を身近に感じ、17歳の時に経典を読んで以降、仏教に傾倒し、職務の間を縫って、諸寺院に参詣した。

鈴木 正三氏(すずき・しょうぞう=日本写真印刷名誉会長)12日午後4時43分、すい臓がんのため京都市の自宅で死去、88歳。大阪府出身。葬儀は近親者で済ませた。後日、会社主催のお別れの会を行うが日時は未定。喪主は長男順也(じゅんや)氏。(2011/11/16-11:32)

「鈴木正三」と関連する人物(故人)