芸能人・経営者のおくやみ情報

和田惟政(わだこれまさ)

戦国武将[日本]

(「摂津国白井河原の戦い」で戦死、元亀2年8月28日没)

(ユリウス暦) 1571年 9月17日 死去討死享年歳

和田惟政 - ウィキペディアより引用

和田 惟政(わだ これまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
室町幕府末期の幕臣。
父は和田宗立(惟助)。
生涯 和田氏は近江国甲賀郡和田村(現在の滋賀県甲賀市甲賀町和田)の有力豪族で甲賀武士53家のうち特に有力な21家に数えられ、特に山南七家とも称される家柄で油日神社と深く関係していた。
初めは六角氏の被官であったが、惟政の父の代に室町幕府13代将軍・足利義輝の幕臣として仕える。
天文22年(1553年)に三好長慶に追われた足利義輝が六角氏を頼って近江に逃れており、その時期に和田氏と足利将軍家の関係が生じて幕府の奉公衆化したと推定されている。
永禄8年(1565年)、義輝が家臣の松永久秀らによって暗殺される(永禄の変)。
当時、和田家の家伝では、当時の惟政は義輝の不興を買って和田で謹慎を命じられていたため事件に巻き込まれずに済んだという。
事件を知った惟政は興福寺に軟禁されていた義輝の弟・覚慶(足利義昭)を仁木義政と共に一乗院より救い出して甲賀の自邸に匿った。

戦国武将。足利家に仕えた幕臣。伊賀守。(1532年〜1571年) 特に義昭に仕えて功績有り、摂津半国を与えられている。 また、キリシタンとなって布教を支援し、フロイスからも大いに讃えられている。 後、義昭に従って信長と戦い、滅ぼされた。 (引用元 Hatena Keyword)

「和田惟政」と関連する人物(故人)