芸能人・経営者のおくやみ情報

マティ・アルー 氏

メジャーリーガー[ドミニカ共和国]

(1966年ナ・リーグ首位打者)

2011年 11月3日 死去糖尿病の合併症享年72歳

マティ・アルー(Mateo Rojas "Matty" Alou, 1938年12月22日 - 2011年11月3日)は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手(外野手)。
兄のフェリペ・アルーと弟のヘスス・アルーも元メジャーリーガー。
また、モイゼス・アルーは甥にあたる。
来歴・人物 サンフランシスコ・ジャイアンツで最初の数年間は控え選手であったが、1962年に同率首位で並んだロサンゼルス・ドジャースとの3試合制プレーオフ最終戦で代打勝ち越しセーフティバントを決め、ワールドシリーズ進出を果たす。
1965年には、シーズン終盤の9月に弟ヘススがメジャーに昇格。
当時の監督ハーマン・フランクスの計らいで、すでにレギュラーとして活躍していた兄フェリペとともに兄弟3人で外野を守った事がある。
この時には、スター選手のウィリー・メイズがベンチに退いた。
なお、マティは翌年パイレーツに移籍し、三兄弟がチームメイトとなったのはわずかな期間のみであった。
1966年にピッツバーグ・パイレーツにトレードされると、名コーチのハリー・ウォーカーから指導を受けた事が彼の野球人生において大きな転機となる。

Mateo Rojas "Matty" Alou 60〜70年代のプロ野球選手。 左投左打、ポジションは外野手。背番号は2→1番。 1938年12月22日生まれ。ドミニカ共和国出身。 ハイナ高校からサンフランシスコ・ジャイアンツ入団。1960年メジャー昇格。 1966年、ピッツバーグ・パイレーツに移籍。 同年、ナショナル・リーグの首位打者となり、4年連続打率.330以上を記録。 1971年、セントルイス・カージナルスに移籍。 1972年、オークランド・アスレチックスに移籍し、ワールドシリーズに出場。 1974年、来日し太平洋クラブライオンズに入団。 巧打の外野手として定着。ドン・ビュフォードと共に山賊打線を支え、活躍した。 1976年、退団。 長兄はフェリペ・アルー?、次兄はヘスス・アルー?。 甥はモイゼス・アルー。 (引用元 Hatena Keyword)