芸能人・経営者のおくやみ情報

嶋崎譲 氏

元社会党衆議院議員[日本]

2011年 10月26日 死去心不全享年86歳

嶋崎 譲(しまさき ゆずる、1925年(大正14年)1月21日 ‐ 2011年(平成23年)10月26日)は、日本の政治学者、政治家。
衆議院議員(8期)。
生涯 石川県小松市粟津町に生まれる。
兄の均は自由民主党所属の参議院議員、法務大臣を歴任し、兄弟で党籍が与野党に別れていた。
また、弟の丞は石川県立美術館館長。
旧制第四高等学校を経て九州大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。
大学院修士課程修了後、九州大学助教授、教授となる。
向坂逸郎らと共に社会主義協会系の学者として活躍するが、1967年(昭和42年)社会主義協会分裂の際は太田派の中心人物の一人となった。
1969年(昭和44年)、社会党執行部から求められて九州大学教授を辞職し、旧石川1区から第32回総選挙に立候補するが落選。
1972年(昭和47年)、第33回総選挙で初当選する。
その後太田派社会主義協会を離れ、右派グループで活動。
1995年(平成7年)、社会党を離党(翌年、党名改称した社会民主党から除籍処分)し、市民リーグを経て旧民主党結成に参画。

嶋崎 譲氏(しまさき・ゆずる=元社会党衆院議員)26日午後5時ごろ、心不全のため静岡県伊東市内の自宅で死去、86歳。石川県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男逸平(いっぺい)氏。 九大教授を経て、72年の衆院選で社会党から出馬し、初当選。当選8回。党政審会長、党副委員長などを歴任。95年に同党を離党した。(2011/10/31-15:40)

「嶋崎譲」と関連する人物(故人)