芸能人・経営者のおくやみ情報

佐治敬三 氏(さじけいぞう)

サントリー 元社長・元会長[日本]

1999年 11月3日 死去肺炎享年80歳

佐治敬三 - ウィキペディアより引用

佐治 敬三(さじ けいぞう、1919年11月1日 - 1999年11月3日)は、日本の実業家。
元サントリー会長。
1919年11月1日 サントリー創業者の鳥井信治郎の次男として大阪で生まれる。
小学校の時に母方の縁者と養子縁組をして「佐治」姓となったが、そのまま大阪の実父母のもとで暮らした。
1942年4月 大阪帝国大学理学部卒業 1945年 サントリーの前身である壽屋に入社 1961年 寿屋代表取締役社長に就任 1963年 寿屋からサントリーに社名を変更 1971年 関西公共広告機構を設立(現在のACジャパン) 1985年 大阪商工会議所会頭に就任 1988年 東北熊襲発言による舌禍騒動を起こす。
1989年 勲一等瑞宝章を受章 1990年 サントリー代表取締役会長に就任 1999年11月3日 大阪府吹田市で肺炎のため80歳にて死去。
家族・親族 佐治敬三は工学者・平賀譲の三女と結婚したが、長男の信忠を出産直後に妻が21歳で早世。

さじけいぞう [生]1919.11.1.大阪,大阪[没]1999.11.3.兵庫,川西実業家。洋酒メーカーの草分けである寿屋(→サントリーホールディングス)の創業者鳥井信治郎の二男に生まれたが母方の養子となる。1942年大阪帝国大学理学部を卒業後学者を志すが,実兄が急死したため1945年寿屋に入社。ウイスキー「トリス」の大量生産販売体制を整えると,全国の都市の歓楽街に「トリスバー」を展開してサラリーマン層へのウイスキーの普及に努め,第1次洋酒ブームを巻き起こした。一方で「酒は文化」の考えのもと,編集長に開高健を起用したPR誌『洋酒天国』を創刊するなど,広告・マーケティング主導の経営戦略の先鞭をつけた。1961年社長に就任。1963年社名をサントリーに変更,ビール事業に進出すると事業を飛躍的に拡大させた。1985年から大阪商工会議所会頭を務めた。サントリー美術館,サントリーホールなどを開設,サントリー文化財団を設立して学芸賞や音楽賞を設けるなど出版・文化事業にも貢献した。みずからも音楽や俳句をたしなみ,油絵はプロ並みであった。1990年サントリー会長。1976年藍綬褒章,1986年フランス芸術文化勲章,1989年勲一等瑞宝章,1990年レジオン・ドヌール勲章を受章。 (引用元 コトバンク)