芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤大治郎 氏(かとうだいじろう)

オートバイレーサー、モトGPライダー[日本]

2003年 4月20日 死去レース中の事故による脳幹梗塞享年26歳

加藤大治郎 - ウィキペディアより引用

加藤大治郎(かとう だいじろう、1976年7月4日 - 2003年4月20日)は、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身のオートバイロードレースレーサー。
血液型A型。
愛称は「大ちゃん」「大治郎」。
以下、「大治郎」と表記する。
ポケバイ・ミニバイクレース時代 3歳の誕生日に両親からポケットバイクをプレゼントされたことをきっかけに、自宅近くのサーキット秋ヶ瀬に通うことになる。
武田雄一、亀谷長純(従兄弟)、阿部典史といった後のロードレースライダーが秋ヶ瀬に集っており、大治郎は彼らと競うことで腕を磨いていった。
秋ヶ瀬のオーナーの息子であり、後のフォーミュラ・ニッポンチャンピオンとなる本山哲を兄のように慕っていた。
11歳のときにミニバイクレースにステップアップ、連戦連勝を誇った。
ノービス時代 1992年、16歳になりバイクの免許とロードレースライセンスを取得。
1993年に九州・熊本のホンダ系名門チーム「Team高武」に加入。
九州選手権の3クラス(GP250、GP125、SP250)で出場した全てのレースで優勝し、3クラス全てでチャンピオンを獲得。

1976年7月4日生まれ。 2001年には2輪モータースポーツの最高峰、世界選手権GP250クラスでシリーズチャンピオン(クラス年間最多勝利を更新)に輝く。2002年には、文部省スポーツ功労顕彰受賞を受賞。 2003年4月6日、世界選手権MotoGPクラス日本GP決勝にて、走行中にクラッシュ、意識不明のまま、病院に運ばれたが、同年4月20日未明、逝去した。享年26歳。 2003年に16人目のMotoGPレジェンド(殿堂)入り。 彼のゼッケン「74」は永久欠番。 番号の由来は一目瞭然、彼の誕生日(7月4日)にちなむ。 1993年九州選手権SP250・GP125・GP250 3クラスシリーズチャンピオン 1994年全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 7位 第8戦 TI英田 初優勝 1995年全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 5位 1996年全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 2位、世界選手権GP250クラス 日本GP(初出場) 3位 1997年全日本選手権 GP250クラス シリーズチャンピオン、世界選手権GP250クラス 日本GP 優勝、世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久 総合9位 1998年全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 8位、世界選手権GP250クラス 日本GP 優勝 1999年全日本選手権 GP250クラス シリーズランキング 2位 2000年世界選手権 GP250クラス シリーズランキング 3位、GP250クラス ルーキーオブザイヤー受賞、世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久 総合優勝 2001年世界選手権 GP250クラス シリーズチャンピオン、年間最多優勝回数新記録 11勝、文部科学省 スポーツ功労者顕彰 2002年世界選手権 MotoGPクラス シリーズランキング 7位、MotoGPクラス ルーキーオブザイヤー受賞、世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐 …… (引用元 Hatena Keyword)

「加藤大治郎」と関連する人物(故人)