芸能人・経営者のおくやみ情報

ロラン・バルト 氏

哲学者、記号学者、批評家[フランス]

1980年 3月26日 死去交通事故享年64歳

ロラン・バルト(Roland Barthes、1915年11月12日 - 1980年3月26日)は、フランスの哲学者、批評家。
高等研究実習院(École pratique des hautes études)教授、コレージュ・ド・フランス教授。
思想・作風 シェルブールに生まれ、バイヨンヌに育つ。
ソシュール、サルトルの影響を受け、エクリチュールについて独自の思想的立場を築いた。
歴史家にとどまらないミシュレの活動に着目した『ミシュレ』、「作者の死」の一編を収めた『物語の構造分析』、フランスのさまざまな文化・慣習を分析した『神話作用』、衣服などの流行を論じた『モードの体系』、バルザックの中編を過剰に詳細に分析した『S/Z』、自伝の形をとりながら自伝ではない『彼自身によるロラン・バルト』、写真に対して抱く、感動に満ちた関心の中で道徳的、政治的な教養(文化)という合理的な仲介物を仲立ちとしている、いわば教養文化を通して感じられる「ストゥディウム(studium)」、そのストディウムをかき乱し、印象に残る細部として表象される「プンクトゥム(punctum)」という二つの概念で論じた遺作『明るい部屋』など、その活動は幅広いが、一貫しているのは、文学への愛(『エクリチュールの零度』、『物語の構造分析』など)と文学作品や映画、演劇、写真などによる作者の主体として発信されるメッセージに対して、そのメッセージの受信者である享受者のメッセージの受け取り方の解釈の可能性についての考察(『明るい部屋』、『神話作用』)である。

フランスの思想家、文芸評論家。 1915年11月12日生、1980年3月26日没。 シェルブールに生まれ、幼少年期の大半をバイヨンヌで過ごした。 おもに記号学、構造主義を用いてテクストの読みを追究した。晩年はコレージュ・ド・フランスで教鞭を取った。また親日派であり、数度にわたる来日体験にもとづいて日本文化論の『表徴の帝国』(記号の国)を執筆した。また体系的な著作よりも、短い断章を集めた著作を得意とした。 主著に『零度のエクリチュール』、『テクストの快楽』、『恋愛のディスクール・断章』、『モードの体系』、『S/Z-バルザック「サラジーヌ」の構造分析』、『明るい部屋』などがある。 2004年3月より、みすず書房から『ロラン・バルト著作集』が刊行されている。 元フジテレビアナウンサーの中村江里子は、ロラン・バルトの縁戚と結婚している。 (引用元 Hatena Keyword)