芸能人・経営者のおくやみ情報

アキコ・カンダ 氏

現代舞踏家[日本]

(本名・神田正子)

2011年 9月23日 死去肺炎享年77歳

アキコ・カンダ(本名:神田 正子(かんだ まさこ)、1935年10月24日 - 2011年9月23日)は、埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身の舞踊家、ダンサー、振付家。
7歳からダンスを始め石井小浪に師事。
日本女子大学在学中の1956年にニューヨークのマーサ・グレアム舞踊学校に入学、9カ月後カンパニー・メンバーに昇格し、同舞踊団で活躍し1962年に日本へ帰国した。
1985年には羽田澄子監督による映画『AKIKO-あるダンサーの肖像-』が制作され第1回東京国際映画祭カネボウ女性映画週間参加作品として上映されている。
2006年には宝塚音楽学校講師45周年記念の公演が行われ安奈淳、峰さを理、和涼華などと競演した。
2011年9月23日、肺炎のため東京都目黒区の病院で死去。
75歳没。
肺がんの治療を行いながら、同年9月11日まで舞台を務めていた。
息子は作家の榊邦彦。
主な受賞歴 芸術祭賞(1969年) 芸術祭大賞(1974年) 舞踊批評家協会賞(1982年、1995年) 芸術選奨文部大臣賞(1988年) 紫綬褒章(1998年) 東京新聞舞踊芸術賞(2001年) 旭日小綬章(2007年) 関連書籍 『AKIKO』 - 篠山紀信撮影の写真集(2006年) 脚注 外部リンク アキコカンダモダンスタジオ タウン誌 Acoreおおみや 電子書籍 特集「アキコ・カンダの世界」。

アキコ カンダさん(本名神田正子=かんだ・まさこ=現代舞踏家)23日午前4時32分、肺炎のため東京都目黒区の病院で死去、75歳。さいたま市出身。自宅は同市大宮区大門町3の130。葬儀は28日午前10時から同市大宮区宮町3の6の東光寺で。喪主は長男邦彦(くにひこ)氏。 大学在学中に米国のマーサ・グラハム舞踏学校に入学、同劇団でソリストとして活躍。帰国後「アキコ・カンダモダンダンスカンパニー」を主宰する一方、宝塚歌劇団の振り付けなども手掛けた。(2011/09/23-18:45)

  • 題名
    Dancer―アキコ・カンダの世界 (1976年)
    著者
    篠山紀信
    発売元
    世界文化社
    発売日
    1976-08
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,449 より
  • 題名
    ジァンジァン狂宴
    著者
    高嶋進
    発売元
    左右社
    発売日
    2013-04-11
    新品価格
    ¥ 1,836 より
    中古商品
    ¥ 1,017 より
  • 題名
    おんなを踊る
    著者
    アキコ・カンダ
    発売元
    駸々堂出版
    発売日
    1980-10
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,290 より
  • 題名
    Akiko―The dancer
    著者
    篠山紀信
    発売元
    駸々堂出版
    発売日
    1990-10
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 379 より

の言及 【モダン・ダンス】より …そのためには新しい動きの開発が必要となり,グラームはコントラクション(収縮)とリリース(解放)の技法を生み出し,それをマーサ・テクニックの基本にした。作品には黒人や東洋人ダンサーを多く登場させ,アキコ・カンダ,浅川高子ら日本人も活躍している。その門下からはM.カニンガム,P.テーラーを生んだ。… ※「アキコ・カンダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)

「アキコ・カンダ」と関連する人物(故人)