芸能人・経営者のおくやみ情報

青葉益輝 氏

グラフィックデザイナー[日本]

2011年 7月9日 死去食道がん享年71歳

青葉 益輝(あおば ますてる、1939年7月18日 - 2011年7月9日)は、日本のグラフィックデザイナー。
1960年代以降の日本のグラフィックデザインの第一人者としてその名を知られた人物であり、「環境」や「平和」をテーマにした作品が多く、東京都のごみ問題をテーマにしたポスターや、平和の大切さを訴える自主制作の作品など、社会性の強い活動に取り組んだ。
主な作品には長野オリンピックの第1回公式ポスター、核兵器の廃絶や平和を呼び掛けるポスター「ヒロシマ・アピールズ」(2008年)などがある。
晩年は自然やエコ等をテーマにした活動を積極的に行っていた。
国際グラフィック連盟(AGI)会員、東京ADC委員、JAGDA理事や東京造形大学客員教授を務めた。
2011年7月9日、食道がんのため東京都内の病院で死去。
71歳没。
年譜 1939年 - 東京府に生まれる。
1958年 - 海城高等学校を卒業。
1962年 - 桑沢デザイン研究所を卒業。
1963年-1964年 - 朝日広告賞・準朝日広告賞を受賞。

青葉 益輝氏(あおば・ますてる=グラフィックデザイナー)9日、食道がんのため東京都内の病院で死去、71歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は妻孝子(たかこ)さん。 代表作に長野五輪ポスターなど。06年紫綬褒章受章。(2011/07/11-17:41)

あおば-ますてる 1939-2011昭和後期-平成時代のグラフィックデザイナー,アートディレクター。昭和14年7月18日生まれ。桑沢デザイン研究所を卒業し,広告代理店に勤務。昭和39年朝日広告賞。44年A&A青葉益輝広告制作室を設立。57年ブルノ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレグランプリ,62年ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞などを受賞。平成5年長野オリンピック冬季競技大会第1回公式ポスターを制作。7年日本宣伝賞山名賞。平和や環境保護をテーマにした社会性が強い作品を制作。日本グラフィックデザイナー協会理事などをつとめた。18年紫綬褒章受章。平成23年7月9日死去。71歳。東京出身。著作に「心に『エコ』の木を植えよう」など。 (引用元 コトバンク)