訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

宮澤喜一 氏(みやざわきいち)

政治家、内閣総理大臣[日本]

2007年 6月28日 死去老衰享年87歳

宮澤喜一 - ウィキペディアより引用
宮澤 喜一(みやざわ きいち、1919年(大正8年)10月8日 - 2007年(平成19年)6月28日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
参議院議員(2期)、経済企画庁長官(第12・13・17・18・29代)、衆議院議員(12期)、通商産業大臣(第32代)、外務大臣(第103代)、内閣官房長官(第44代)、副総理、大蔵大臣(第88・89代)、内閣総理大臣(第78代)、郵政大臣(第56代)、農林水産大臣(第18代)、大蔵大臣(第105・106・107代)、財務大臣(初代)、自由民主党総務会長、自由民主党総裁(第15代)などを歴任。
来歴・人物 出生から学生時代まで 宮澤裕・こと夫妻の長男として東京に生まれた。
本籍地は広島県福山市。
母・ことは司法大臣、鉄道大臣等を歴任した小川平吉の二女。
関東大震災後、母方の祖父小川平吉の別荘である平塚の「花水庵」で過ごす。
父の裕は当時山下汽船に勤務していたが、すでに政界を志し、広島県から国会へ進出しようとして着々と準備を進めていた。