芸能人・経営者のおくやみ情報

小渕恵三 氏(おぶちけいぞう)

政治家、内閣総理大臣、官房長官[日本]

2000年 5月14日 死去脳梗塞享年64歳

小渕恵三 - ウィキペディアより引用

小渕 恵三(おぶち けいぞう、1937年(昭和12年)6月25日 - 2000年(平成12年)5月14日)は、日本の政治家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
学位は政治学修士(早稲田大学)。
衆議院議員(12期)、総理府総務長官(第29代)、沖縄開発庁長官(第10代)、内閣官房長官(第49代)、外務大臣(第125代)、内閣総理大臣(第84代)、自由民主党幹事長、自由民主党副総裁、自由民主党総裁(第18代)などを歴任した。
来歴・人物 総理府総務長官、沖縄開発庁長官、内閣官房長官、自由民主党幹事長、外務大臣などを歴任。
竹下登の側近として地歩を築き、敵を作らない性格から「人柄の小渕」の異名をとった。
1998年に自由民主党総裁・総理大臣に就任した。
自由党、公明党と連立政権(自自連立、自自公連立)を樹立し、巨大与党をバックに内外政にわたり多くの懸案を処理したが、2000年に病に倒れ、そのまま逝去した。
出生 - 早稲田大学時代 1937年(昭和12年)、群馬県吾妻郡中之条町に製糸業を営む小渕光平(衆議院議員・群馬県トラック協会会長)・小渕ちよ(光山社役員)夫妻の次男として生まれる。

おぶちけいぞう [生]1937.6.25.群馬,中之条町[没]2000.5.14.東京政治家。衆議院議員小渕光平の次男として生れる。早稲田大学大学院在学中の1963年に衆議院議員に初当選。79年大平内閣で総理府総務長官・沖縄開発庁長官として入閣。84年自民党副幹事長。87年竹下内閣の官房長官に起用され「平成」の元号を発表。91年自民党幹事長。97年橋本内閣の外相をつとめた。98年,第18回参議院通常選挙が行われ,橋本内閣の経済失政が問われた結果,自民党の惨敗に終り,橋本龍太郎首相が辞任。梶山静六,小泉純一郎とともに自民党の総裁選に立候補,選出されて第83代54人目の首相に就任した。2000年4月,首相公邸で体調不調を訴え緊急入院し,みずから決定した沖縄サミットの開催をみることなく脳梗塞で死去した。 (引用元 コトバンク)