芸能人・経営者のおくやみ情報

小渕恵三 氏(おぶちけいぞう)

政治家、内閣総理大臣、官房長官[日本]

2000年 5月14日 死去脳梗塞享年64歳

小渕恵三 - ウィキペディアより引用

小渕 恵三(おぶち けいぞう、1937年(昭和12年)6月25日 - 2000年(平成12年)5月14日)は、日本の政治家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
学位は政治学修士(早稲田大学)。
衆議院議員(12期)、総理府総務長官(第29代)、沖縄開発庁長官(第10代)、内閣官房長官(第49代)、外務大臣(第125代)、内閣総理大臣(第84代)、自由民主党幹事長、自由民主党副総裁、自由民主党総裁(第18代)などを歴任した。
来歴・人物 総理府総務長官、沖縄開発庁長官、内閣官房長官、自由民主党幹事長、外務大臣などを歴任。
竹下登の側近として地歩を築き、敵を作らない性格から「人柄の小渕」の異名をとった。
1998年に自由民主党総裁・総理大臣に就任した。
自由党、公明党と連立政権(自自連立、自自公連立)を樹立し、巨大与党をバックに内外政にわたり多くの懸案を処理したが、2000年に病に倒れ、そのまま逝去した。
出生 - 早稲田大学時代 1937年(昭和12年)、群馬県吾妻郡中之条町に製糸業を営む小渕光平(衆議院議員・群馬県トラック協会会長)・小渕ちよ(光山社役員)夫妻の次男として生まれる。

元内閣総理大臣。故人。小渕優子氏は娘。元号を昭和から平成に改める際、「平成おじさん」という愛称で親しまれていた。 橋本龍太郎の後をついで総理大臣となる。「冷めたピザ」と揶揄されたこともあったが、人柄の良さで人気を集めた。「ブッチホン」なる流行語も生み出されている。 外交関係では日米関係の保持・日韓関係の強化を図る一方、中国・北朝鮮には硬軟的な対応を行うなど評価が高い。また、沖縄サミットの立ち上げ、中央省庁再編の実現も同様である。 2001年、脳梗塞により急逝。 (引用元 Hatena Keyword)