芸能人・経営者のおくやみ情報

鍋島直茂(なべしまなおしげ)

戦国武将、肥前佐賀藩初代藩主[日本]

1618年 7月24日 死去享年81歳

鍋島直茂 - ウィキペディアより引用
鍋島 直茂(なべしま なおしげ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将、実質的には大名。
戦国大名・龍造寺隆信の家老。
肥前佐賀藩の藩祖。
なお数回改名しており、本項では便宜的に後期の名乗りである直茂で統一して解説する。
生涯 龍造寺隆信の右腕として 天文7年(1538年)、肥前佐嘉郡本庄村の在地豪族である鍋島清房の次男として生まれる。
天文10年(1541年)、主君・龍造寺家兼の命令により、小城郡の千葉胤連(西千葉氏)の養子となる。
しかし天文14年(1545年)に少弐氏によって龍造寺家純らが殺され、家兼が逃亡したことにより、龍造寺氏と少弐氏が敵対関係になると、実父・清房は直茂の養子縁組を解消して実家に戻らせている。
家兼の死後、数年を経て龍造寺隆信が龍造寺氏を継ぎ、さらに隆信の生母である慶誾尼が父・清房の継室となったため、直茂は隆信の従弟(直茂の生母と隆信の父が兄妹。
もしくは姉弟)であると同時に義弟にもなり、隆信から厚い信任を受けることとなる。
龍造寺氏は直茂の働きなどもあって、宿敵の少弐氏を永禄2年(1559年)には滅亡に追いやっている。