芸能人・経営者のおくやみ情報

作田明 氏(さくたあきら)

犯罪心理学者、精神科医[日本]

2011年 6月1日 死去直腸がん享年62歳

作田 明(さくた あきら、1950年6月29日 - 2011年6月1日)は、千葉県出身の、専門が犯罪心理学の精神科医、精神保健指定医、臨床心理士。
博士(医学)。
日本保健医療大学教授、聖学院大学客員教授を務め、テレビ、新聞等で犯罪に関するコメンテイターとして活躍した。
上智大学文学部心理学科、筑波大学医学専門学群などの非常勤講師も歴任。
2010年には、犯罪非行の防止と犯罪者・非行少年の更生・矯正に尽力している個人・団体について、その活動を称え表彰するために私財を投じて作田明記念財団を設立し、「作田明賞」を創設した。
作田家は江戸時代には名字帯刀を許され、九十九里の作田村(今の九十九里町作田)で代々庄屋・網元を営んでいた。
両親が共に医者の家庭に、3兄弟の末弟として生まれる。
幼稚園と小学校は兄二人と同様に千葉県市川市の日出学園で学んだ。
小さいころから本が好きで、小学校の図書室にあった本はほとんど読んでしまったというエピソードが残っている。
中学・高校と慶応へ進学する。
慶応中等部では柔道部のキャプテンとして活躍し、慶応高校では生徒会会長を務めた。

「作田明」と関連する人物(故人)