芸能人・経営者のおくやみ情報

野坂参三 氏(のさかさんぞう)

政治家[日本]

(日本共産党元名誉議長)

1993年 11月14日 死去享年102歳

野坂参三 - ウィキペディアより引用

野坂 参三(のさか さんぞう、1892年(明治25年)3月30日 - 1993年(平成5年)11月14日)は、日本の政治家、日本共産党議長、コミンテルン(共産主義インターナショナル)日本代表、日本共産党の第一書記を務め、名誉議長となる。
衆議院議員(3期)・参議院議員(4期)。
初名は小野 参弎(おの さんぞう)。
中国では岡野 進や林 哲と称した。
ペンネームは野坂鉄嶺、野坂鉄など。
生涯 生誕から延安入りまで 山口県萩市の商家に生まれる。
3月30日生まれだったため参弎と名付けられた。
9歳で母の実家である野坂家の養子となり、野坂姓となる。
幣原喜重郎内閣書記官長となった内務官僚次田大三郎は義兄、龍夫人の姉婿。
明治31年、明倫尋常小学校入学、萩中学校を経て、県立神戸商業学校(現・兵庫県立神戸商業高等学校)に進学。
在学中論文に「社会主義を論ず」を発表して教師からひどく叱責される。
明治45年、慶應義塾大学理財科に入学し、在学中に友愛会や新人会に入り労働運動に参加する。
卒業後、常任書記となる。
1919年(大正8年)友愛会の派遣でイギリスに渡り、英国共産党に参加する。

のさかさんぞう [生]1892.3.30.山口[没]1993.11.14.東京社会主義者。日本共産党幹部。本名参弐。党員名岡野進。幸徳秋水の大逆事件に影響され社会主義の道へ入った。1922年日本共産党結成の年に同党へ入党,28年3月15日の一斉弾圧で投獄されたが,出獄後,31年党の指令でソ連に脱出,コミンテルン執行委員となり,「日本共産主義者への手紙」などを執筆した。40年,中国入りし,毛沢東の率いる中国共産党と行動をともにするなど,おもに海外で活動を続けた。46年1月,16年ぶりに日本に帰り,再出発した日本共産党の指導部の一員として,「愛される共産党」「民主人民戦線」など,新たな方向性をもたらした。55年の第6回全国協議会(→六全協)による党内闘争の収拾以降は,一貫して党の最高指導者の地位にあった。68年中央委員会議長,82年名誉議長となったが,92年ソ連時代の同志密告事件により除名された。また56年以降77年の退任まで参議院議員に4回当選。 (引用元 コトバンク)