芸能人・経営者のおくやみ情報

吉田茂 氏(よしだしげる)

政治家、内閣総理大臣、日本自由党総裁[日本]

1967年 10月20日 死去心筋梗塞享年89歳

吉田茂 - ウィキペディアより引用

吉田 茂(よしだ しげる、1878年(明治11年)9月22日 - 1967年(昭和42年)10月20日)は、日本の外交官、政治家。
位階は従一位。
勲等は大勲位。
外務大臣(第73・74・75・78・79代)、貴族院議員(勅選)、内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)、 第一復員大臣(第2代)、 第二復員大臣(第2代)、農林水産大臣(第5代)、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学総長(初代)、学校法人二松学舎舎長(第5代)などを歴任した。
東久邇宮内閣や幣原内閣で外務大臣を務めたのち、内閣総理大臣に就任し、1946年5月22日〜1947年5月24日、および、1948年10月15日〜1954年12月10日まで在任した。
優れた政治感覚と強いリーダーシップで戦後の混乱期にあった日本を盛り立て、戦後日本の礎を築いた。
ふくよかな風貌と、葉巻をこよなく愛したことから「和製チャーチル」とも呼ばれた。
政治活動以外の公的活動としては、廃止された神宮皇學館大學の復興運動に取り組み、新制大学として新たに設置された皇學館大学にて総長に就任した。

昭和期の政治家。元総理大臣。 1878年(明治11年)9月22日、土佐自由党の志士・竹内綱の五男として誕生。生後間もなく、実業家・吉田健三の養子となる。 1906年に外務省に入省して以来、戦前は外交官として活躍。1936年(昭和11年)、外務省同期である広田弘毅の内閣組閣時には、外相・書記官長の候補にあがるも陸軍の反対で実現しなかった。 終戦直後の1945年9月、東久邇宮稔彦内閣の外相に就任、続く幣原喜重郎内閣でも留任した。翌年5月、自由党の党首に迎えられ、第一次吉田茂内閣を組閣(第三次吉田内閣任期中の52年に岡崎勝男にその座を譲るまでは、外相を兼任)。以来、芦田均・片山哲両内閣を挟んで、5期、通算6年2ヶ月(2616日)にわたって首相を務め、戦後復興に尽力した。51年9月にはサンフランシスコ講和条約とともに日米安保条約に調印している。 1953年3月の内閣不信任案を受けての衆院解散(いわゆる「バカヤロー解散?」)の際には、反吉田派の筆頭・鳩山一郎を中心とする分党派自由党が結成され、自由党は分裂。鳩山らは同年11月に一旦は復党するも、翌54年11月には日本民主党を結成した。その直後の同年12月、吉田内閣は日本民主党と左右社会党からの内閣不信任案を受け、総辞職する*1。しかし吉田は総理を退いたのちも死ぬまで政界に影響力を持ち続けた。 1967年10月20日死去。死後、戦後初の国葬が行なわれた。 長男は英文学者の吉田健一。 *1:その後、1955年11月に自由党と日本民主党は合流し、自由民主党が結成された。 (引用元 Hatena Keyword)