芸能人・経営者のおくやみ情報

幣原喜重郎 氏(しではらきじゅうろう)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1951年 3月10日 死去病死享年78歳

幣原喜重郎 - ウィキペディアより引用
幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう、1872年9月13日(明治5年8月11日) - 1951年(昭和26年)3月10日)は、日本の外交官、政治家。
位階は従一位。
勲等は勲一等。
爵位は男爵。
外務大臣(第40・41・43・44代)、貴族院議員、内閣総理大臣臨時代理、内閣総理大臣(第44代)、第一復員大臣(初代)、第二復員大臣(初代)、復員庁総裁(初代)、副総理、衆議院議員、衆議院議長(第40代)などを歴任。
来歴・人物 生い立ち 大阪府門真一番村(現・門真市)の豪農の家に生まれた。
兄・坦は教育行政官、台北帝国大学初代総長。
大阪城そばにあった官立大阪中学校から、第三高等中学校(首席卒業)を経て、1895年(明治28年) 帝国大学法科大学卒業。
戦前 1915年(大正4年)に外務次官となり、ワシントン会議においては全権委員をつとめる。
外務大臣になったのは1924年(大正13年)の加藤高明内閣が最初であった。
以降、若槻内閣(1次・2次)、濱口内閣と憲政会→立憲民政党内閣で4回外相を歴任した。