訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

鈴木貫太郎(すずきかんたろう)

政治家、内閣総理大臣、侍従長、連合艦隊司令長官、男爵[日本]

1948年 4月17日 死去肝臓がん享年81歳

鈴木貫太郎 - ウィキペディアより引用
鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。
階級・栄典は海軍大将従一位勲一等功三級男爵。
海軍士官として海軍次官、連合艦隊司令長官、海軍軍令部長(第8代)などの顕職を歴任した。
予備役編入後に侍従長に就任、さらに枢密顧問官も兼任した。
二・二六事件において襲撃されるが一命を取り留めた。
枢密院副議長(第14代)、枢密院議長(第20・22代)を務めたあと、小磯國昭の後任として内閣総理大臣(第42代)に就任した。
一時、外務大臣(第70代)、大東亜大臣(第3代)も兼任している。
陸軍の反対を押し切って太平洋戦争を終戦に導いた。
生涯 生い立ちから海軍時代 1868年(慶応3年)、和泉国大鳥郡伏尾新田(現在の大阪府堺市中区伏尾・関宿藩久世広周の飛び地)に関宿藩士で代官の鈴木由哲と妻のきよの長男として生まれる。