芸能人・経営者のおくやみ情報

米内光政(よないみつまさ)

政治家、内閣総理大臣、海相、海軍大将[日本]

1948年 4月20日 死去肺炎享年69歳

米内光政 - ウィキペディアより引用

米内 光政(よない みつまさ、1880年(明治13年)3月2日 - 1948年(昭和23年)4月20日)は、日本の海軍軍人、政治家。
最終階級は海軍大将。
位階は従二位。
勲等は勲一等。
功級は功一級。
第23代連合艦隊司令長官。
第39-41、49-52代海軍大臣。
第37代内閣総理大臣。
生涯 出生から海軍兵学校時代 1880年(明治13年)、岩手県盛岡市に旧盛岡藩士・米内受政の長男として生まれる。
1886年(明治19年)、鍛冶町尋常小学校に入学。
1891年(明治24年)、盛岡高等小学校に入学。
1894年(明治27年)、岩手県尋常中学校に入学。
1898年(明治31年)、海軍兵学校29期に入校。
同期生には高橋三吉、藤田尚徳、佐久間勉、八角三郎(中学も同期)らがいる。
兵学校では「グズ政」という渾名がついた。
当時の米内のノートは記述の質・量が膨大であり、ひとつの問題に対して自分が納得が行くまであらゆる角度からアプローチをかけ問題を解決している。

軍人・政治家。第37代内閣総理大臣。海軍大将。 1880年(明治13年)3年2日、生まれ。1948年(昭和23年)4月20日、死去。 岩手県出身。 1914年、海軍大学校卒業。 1936年、連合艦隊司令長官に就任。 1937年、海軍大臣に就任。 1940年1月、内閣総理大臣に就任する。親英米派として知られ、日独伊三国同盟締結に反対したが新体制運動を推進する陸軍強硬派と対立し、同年7月に辞任した。 1944年7月、小磯国昭内閣の副総理兼海軍大臣を務める。以後、鈴木貫太郎内閣、東久邇宮稔彦内閣、幣原喜重郎内閣で海相を留任し、太平洋戦争の終結と敗戦処理に務めた。 (引用元 Hatena Keyword)