芸能人・経営者のおくやみ情報

広田弘毅(ひろたこうき)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1948年 11月12日 死去死刑執行享年70歳

広田弘毅 - ウィキペディアより引用

広田 弘毅(ひろた こうき、旧字体:廣田、1878年(明治11年)2月14日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の外交官、政治家。
勲等は勲一等。
旧名は丈太郎(じょうたろう)。
外務大臣(第49・50・51・55代)、内閣総理大臣(第32代)、貴族院議員などを歴任した。
第二次世界大戦後の極東軍事裁判で文官としては唯一のA級戦犯として有罪判決を受け死刑となった。
生涯 生い立ち 1878年(明治11年)2月14日、福岡県那珂郡鍛冶町(のち福岡市中央区天神三丁目)の石材店を営む広田徳平(通称:広徳)の息子として生まれた。
初名は丈太郎(じょうたろう)。
徳平は箱崎の農家の息子で、広田家に徒弟で入り真面目さと仕事熱心が買われ、子どもがいなかった広田家の養子になった。
今日でも福岡市の東公園内にある亀山上皇像の銘板には設置に功績があった石工として徳平の名が刻まれている(右画像参照)。
『広田弘毅伝』などによると、当時の広田家はひどく貧しかったというが、親族によるとそれほど貧しくはなかったという。

外交官、元首相。 1878年福岡県出身。 1933年(昭和8年)9月、斎藤内閣の外務大臣に就任。 1936年(昭和11年)3月、岡田内閣が二・二六事件の責任をとり総辞職した後首相に就任。 戦終A級戦争犯罪人として対アジア侵略の共同謀議や非人道的な行動を黙認した罪等に問われ、極東国際軍事裁判で文官唯一の死刑判決を受け、1948年(昭和23年)12月23日、巣鴨プリズン内で絞首刑に処される。  城山三郎著『落日燃ゆ』(ISBN:4101133182)には主人公として描かれている。 (引用元 Hatena Keyword)