芸能人・経営者のおくやみ情報

岡田啓介 氏(おかだけいすけ)

政治家、内閣総理大臣海軍大将、連合艦隊司令長官[日本]

1952年 10月17日 死去享年85歳

岡田啓介 - ウィキペディアより引用

岡田 啓介(おかだ けいすけ、1868年2月14日(慶応4年1月21日) - 1952年(昭和27年)10月17日)は、日本の軍人、政治家。
最終階級は海軍大将。
栄典は勲一等功三級。
海軍大臣(第14・18代)、内閣総理大臣(第31代)、拓務大臣(第7代)、逓信大臣(第37代)などを歴任した。
生涯 海軍時代 1868年(慶応4年)、福井藩士・岡田喜藤太と妻はるの長男として生まれる。
1884年(明治17年)9月、旧制福井中学(のち藤島高校)を卒業。
翌年1月に上京し、一時上級学校進学のために須田学舎や共立学校(のち開成高校)などの受験予備校に在籍したが、学資の援助を受けていたことを心苦しく感じ、学費が掛からないところとして師範学校系か陸海軍系学校の受験を決意、陸軍士官学校受験に志望変更した。
受験に必須であったドイツ語を学ぶため、当時陸士の予備校であった陸軍有斐学校に入学したが、遠縁の海軍士官に勧められ海軍兵学校に入校した。

1868年〜1952年 軍人、政治家。二・二六事件時の首相。 福井藩士の子として生まれ、海軍兵学校に進む。1924年には海軍大将となり、連合艦隊司令長官を務める。いわゆる「条約派」の中心人物。 1932年に田中内閣の海軍大臣となり、後、斎藤内閣でも海相を務める。斎藤内閣が倒れると後継首相となる。1936年の二・二六事件では辛くも難を逃れる。 辞職後は重臣として活動。終戦工作などで大きな役割を果たしている。 (引用元 Hatena Keyword)