芸能人・経営者のおくやみ情報

犬養毅(いぬかいつよし)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1932年 5月15日 死去射殺享年77歳

犬養毅 - ウィキペディアより引用

犬養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
通称は仙次郎。
号は木堂、子遠。
中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(第27・29代)、内閣総理大臣(第29代)、外務大臣(第45代)、内務大臣(第50代)などを歴任した。
生涯 生い立ち 備中国賀陽郡庭瀬村(現・岡山県岡山市北区川入)で大庄屋・郡奉行を務めた犬飼源左衛門の次男としてうまれる(後に犬養と改姓)。
父は水荘と称した備中松山藩板倉氏分家の庭瀬藩郷士である。
もともと、犬養家は庭瀬藩から名字帯刀を許される家格であったが、毅が2歳の時、父がコレラで急死する不幸に見舞われたため、生活はかなり苦しかったという。
同藩の経世学者楠之蔚の下で漢籍をおさめたのち、1876年(明治9年)に上京して慶應義塾に入学し、一時共慣義塾(渡辺洪基と浜尾新主宰の塾)に通い、また漢学塾・二松學舍では三島中洲に漢学を学んだ。

第29代内閣総理大臣。 1855年、岡山県出身。1932年5月15日、五・一五事件で海軍青年将校に射殺される。 憲政の神様と呼ばれた。 犬養木堂 「木堂」は犬養毅の号 (引用元 Hatena Keyword)