訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

犬養毅(いぬかいつよし)

政治家、内閣総理大臣[日本]
1932年 5月15日 死去射殺享年77歳
犬養毅 - ウィキペディアより引用
犬養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
通称は仙次郎。
号は木堂、子遠。
中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(第27・29代)、内閣総理大臣(第29代)、外務大臣(第45代)、内務大臣(第50代)などを歴任した。
生涯 生い立ち 備中国賀陽郡庭瀬村(現・岡山県岡山市北区川入)で大庄屋・郡奉行を務めた犬飼源左衛門の次男としてうまれる(後に犬養と改姓)。
父は水荘と称した備中松山藩板倉氏分家の庭瀬藩郷士である。
もともと、犬養家は庭瀬藩から名字帯刀を許される家格であったが、毅が2歳の時、父がコレラで急死する不幸に見舞われたため、生活はかなり苦しかったという。
同藩の経世学者楠之蔚の下で漢籍をおさめたのち、1876年(明治9年)に上京して慶應義塾に入学し、一時共慣義塾(渡辺洪基と浜尾新主宰の塾)に通い、また漢学塾・二松學舍では三島中洲に漢学を学んだ。
題名
犬養毅 その魅力と実像
著者
時任英人
発売元
山陽新聞社
発売日
2002-05
新品価格
より
中古商品
¥ 1,240 より
題名
犬養毅―党派に殉せず、国家に殉ず (ミネルヴァ日本評伝選)
著者
小林惟司
発売元
ミネルヴァ書房
発売日
2009-07-01
新品価格
¥ 3,240 より
中古商品
¥ 1,542 より
題名
犬養毅の世界―「官」のアジア共同論者
著者
犬養毅
発売元
書肆心水
発売日
2007-01-30
新品価格
¥ 3,780 より
中古商品
¥ 1,875 より
題名
昭和の宰相 (第1巻) 犬養毅と青年将校
著者
発売元
講談社
発売日
1982-02
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
明治期の犬養毅
著者
時任英人
発売元
芙蓉書房出版
発売日
1996-08
新品価格
より
中古商品
¥ 1,633 より
題名
犬養毅 (1958年) (三代宰相列伝)
著者
岩淵辰雄
発売元
時事通信社
発売日
1958
新品価格
より
中古商品
¥ 99 より
題名
昭和の宰相 (第1巻) 犬養毅と青年将校 (講談社文庫)
著者
発売元
講談社
発売日
1985-04-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
話せばわかる―犬養毅とその時代 (1982年)
著者
発売元
山陽新聞社出版局
発売日
1982-09
新品価格
より
中古商品
¥ 3 より
題名
週刊 日本の100人 歴史をつくった先人たち No.091 犬養毅 2007/11/6
著者
発売元
デアゴスティーニ・ジャパン
発売日
2007
新品価格
¥ 1,980 より
中古商品
¥ 250 より
題名
犬養毅―リベラリズムとナショナリズムの相剋
著者
時任英人
発売元
論創社
発売日
1998-11-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1,508 より

「犬養毅」と関連する人物(故人)

前田正男 中川一郎 近衛文麿 伊藤博文 黒田清隆 山県有朋 松方正義 大隈重信 桂太郎 西園寺公望 山本権兵衛 寺内正毅 高橋是清 加藤友三郎 清浦奎吾 加藤高明 若槻礼次郎 田中義一 浜口雄幸 岡田啓介 広田弘毅 林銑十郎 平沼騏一郎 阿部信行 米内光政 小磯國昭 鈴木貫太郎 幣原喜重郎 吉田茂 片山哲 芦田均 鳩山一郎 石橋湛山 岸信介 池田勇人 佐藤栄作 三木武夫 大平正芳 竹下登 宇野宗佑 渡辺美智雄 安倍晋太郎 蒋介石 小渕恵三 宮澤喜一 橋本龍太郎 松本清張 鈴木善幸 榎本武揚 坂田道太 池田行彦 昭和天皇 木戸孝允 大久保利通 岩倉具視 西郷従道 児玉源太郎 陸奥宗光 井上馨 品川弥二郎 後藤新平 寺島宗則 松岡洋右 安田隆明 松本剛 武藤嘉文 阿部信 伊達宗城 末松謙澄 天野貞祐 森有礼 斎藤隆夫 西岡武夫 木戸幸一 栗本鋤雲 副島種臣 蜂須賀茂韶 東久世通禧 山崎闇斎 山田顕義 板垣退助 安達謙蔵 安倍能成 荒木貞夫 永田鉄山 若林強斎 加藤寛 尾崎行雄 前田正 中島衛 呉清源 町村信孝 末次信正 宇垣一成 犬養康彦 重光葵 中村政則 後藤象二郎 竹内黎一 牧野伸顕 塩川正十郎 黒田清 谷川寛三 野村吉三郎 近岡理一郎 鳩山邦夫 内田良平 小坂憲次 英太郎 奥野誠亮 東郷茂徳 井上毅 三条実美 正力松太郎 与謝野馨 犬養道子 羽田孜

↑ PAGE TOP