芸能人・経営者のおくやみ情報

浜口雄幸(はまぐちおさち)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1931年 8月26日 死去狙撃による傷享年61歳

浜口雄幸 - ウィキペディアより引用

『濱口雄幸』より : 濱口 雄幸(はまぐち おさち、1870年5月1日(明治3年4月1日) - 1931年(昭和6年)8月26日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
号は空谷。
大蔵大臣(第29・30代)、内務大臣(第43代)、内閣総理大臣(第27代)、立憲民政党総裁などを歴任した。
土佐国長岡郡五台山(現高知市)の林業を営む水口家に水口胤平の3人兄弟の末子として生まれる。
幸雄と命名されるが、父親が出生届を出しに役所に行く途中で酒を飲み、役所に着いたときには酩酊状態になっていた。
その状態で出生届を記入し、誤って名前を前後逆に記入した届が受理されてしまい雄幸となった。
1889年(明治22年)、高知県安芸郡田野村(現田野町)濱口義立の長女夏子と結婚し、濱口家の養嗣子となる。
旧制高知中学(現高知県立高知追手前高等学校)、第三高等中学校を経て、1895年(明治28年)帝国大学法科(後の東京帝国大学、現:東京大学)を卒業。
同窓会であった二八会は後に政治ネットワークに発展した。
大蔵省に入り、専売局長官、逓信次官、大蔵次官などを務め、1915年(大正4年)に立憲同志会に入党、衆議院議員に当選して代議士となる。

政治家。 明治3年4月1日(1870年5月1日)、生まれ。1931年(昭和6年)8月26日、死去。 高知県出身。 東京帝国大学の法科を出て大蔵省に入るというエリートコースを歩む。後、衆議院議員となり、大蔵大臣、内務大臣といった要職を歴任。1929年、立憲民政党(民政党)の初代総裁として第27代内閣総理大臣となる。 容貌から「ライオン宰相」と呼ばれた。世界恐慌下の日本で金解禁と緊縮財政を推進。対外的には英米との協調を必要と見なし、ロンドン海軍軍縮条約を結んだ。 これらの政策が反発を招き、東京駅のホームで右翼団体メンバーに狙撃され、それがもとで亡くなっている。 (引用元 Hatena Keyword)